<補遺>鉄道旅行⑥ 東京駅

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


旧国鉄本社ビル(現在は「丸の内OAZO」が建っている)から撮影した赤レンガ駅舎。1997年11月8日(旧国鉄本社ビル取り壊し前の公開日)撮影。


先日お伝えした東京駅の赤レンガ駅舎復原(JRではこちらの字を使用)・再開発事業について新たな情報が発表されました。

さる3月7日、JR東日本より東京駅エリアの開発事業に関するプレスリリースが出されました。
それによりますと、東京駅の丸ノ内側・八重洲側の開発エリア全体を「東京ステーションシティ(Tokyo Station City」と命名し、従来の駅のイメージにとらわれず、赤レンガ駅舎の伝統と八重洲側ツインタワーの先進性を併せ持ち、東京駅を世界一の駅=街となることを目指した開発が行われます。
また、八重洲側の再開発でできるビルについては

①北側タワーを「グラントウキョウ ノースタワー(GranTokyo NorthTower)」(2007年10月竣工)
②南側タワーを「グラントウキョウ サウスタワー(GranTokyo SouthTower)」(2007年10月竣工)
③中央部歩行者デッキを「グランルーフ(GranRoof)」(2011年春竣工)

とそれぞれ命名されました。

また、日本橋口(新幹線指令CTCセンタービル隣)で建設が進んでいるオフィス・ホテルの複合ビルを「サピアタワー(SapiaTower)」と命名し、テナントとなるオフィス(貸会議室)を「東京ステーションコンファレンス」、ホテルを「ホテルメトロポリタン丸の内」とそれぞれ命名しました。こちらは2007年3月竣工予定です。

また、丸ノ内赤レンガ駅舎の復原工事開始を記念して3月17日~31日の間「東京駅ルネッサンス」と題したイベントが開催されます。東京駅のこれまでの歴史に関する品々の展示や、未来の東京駅をCG映像で知ることができるというイベントです。

そのほか詳しいことは下記のJR東日本ホームページのプレスリリースを御覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
<<<新しい記事:千葉市のマンホール その1
古い記事:もうすぐ桜>>>

最新記事

2020年を振り返って(2020/12/31)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(4)西八王子~大月(2020/12/24)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(3)青梅線西立川~青梅(2020/11/27)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(2)三鷹~八王子(2020/11/25)
中央線グリーン車連結に向けた12両化工事2020(1)東京~吉祥寺(2020/11/20)
和歌山県和歌山市のマンホール(2020/11/19)
武蔵小杉駅横須賀線ホーム増設工事(2020年8月11日取材)(2020/11/14)
東武野田線高架化工事(2020年10月2日取材)(2020/11/07)
大分県別府市のマンホール(2020/10/31)
新しいパソコンを導入しました(2020/10/26)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

ホームドア整備」のカテゴリを「鉄道:建設・工事」から「鉄道:その他」に移動しました。(2020,12,09)
レイアウトを調整しました。横幅が大きいモニターでコンテンツが極端に横に広がらないよう表示領域に上限を設けました。(2020,11,18)
【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。詳しくは→こちら(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter