鉄道旅行第2弾② 小田急線・相模線

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。







大混雑・・・
③小田急江ノ島線2000形 快速急行3518列車 中央林間12:24→相模大野12:27
④小田急小田原線3000形 急行2015列車 相模大野12:32(接続待ち遅延約2分)→海老名12:40

中央林間からであれば藤沢へ行っても東海道線には乗れますが、できるだけ長い距離乗りたいのと、他のいろいろな路線にも乗りたいということで、わざわざ大回りのルートを選択。ということで小田急江ノ島線に乗り、相模大野へ向かいます。こちらは都心方向ということもあり大混雑でした。また、このあたりの私立の学校が多いという土地柄を反映してか、土曜日にもかかわらず学生の多いこと。地元千葉にはあまり無い発想です。

相模大野から今度は小田原線に乗り海老名へ。こちらは逆に都心から離れる方向なのでそれほどの混雑でもない様子。相模大野では江ノ島線の列車との接続待ちで少々遅延。途中3駅飛ばして海老名に着きましたが、相鉄線(相模鉄道)のホームは小田急の隣にあるのですが、乗り換えるJR相模線のホームが見当たりません。さあてどこだあ・・・。

首都圏で数少ない単線の路線
⑤相模線205系500番台 1226F 海老名12:55→茅ヶ崎13:24

小田急線の海老名駅をでると少し離れた所に、小さい橋上駅舎のJR相模線海老名駅がありました。改札口は首都圏では珍しく自動改札化されていません。ホーム上からは遠くに関東平野西端の山々が見えます。相模線は単線ということでこの海老名駅で上下線列車の交換が行われます。橋本行き、茅ヶ崎行きともにほぼ同時に進入してきました。列車のドアは半自動式ということで、ボタンを押さないと開きません。また、車内側には「閉める」のボタンも付いています。これは単線で交換駅での停車時間が長いため、ドアを開けっ放しにすると空調の効果がなくなってしまうためです。ちょうど私の乗った車両は地元の野球チームの少年たち?が一緒だったのですが、やはりこの半自動ドアはこどもたちにとっては不思議なものだったのでしょうか、駅に着くたびに開けたり閉めたりして遊んでいました。運転室を見ると205系にもかかわらずモニターが置かれています。10年位前に乗ったときとは少し形が変わっており、時代に合わせてバージョンアップが図られているようでした。

30分かけて茅ヶ崎駅に到着。ホームは気動車時代の名残か長さがぎりぎりしかなく撮影に苦労しました。ここから今回の旅の目当てである東海道線の113系に乗車します。ホームで待っていると下り線を偶然にも485系お座敷列車「ゆう」が通過していきました。慌てて撮影したのが上の通りです。

写真詳説
1段目 海老名駅にて。左が5000形、右が3000形
2段目 左:相模線205系500番台 右:偶然撮影できた485系「ゆう」

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  小田急  JR  相模線

カテゴリ:小田急電鉄 の最新記事

【ショートレポート】小田急・JR乗り入れに向けた試運転が本格化(2015年12月03日作成)
小田急・JR常磐線直通に向けた車両改造(2014・2015年取材)(2015年08月06日作成)
ロマンスカー“MSE”を撮影(2008年03月22日作成)
小田急4000形(2008年01月19日作成)
小田急線(2006年09月29日作成)
鉄道旅行第2弾② 小田急線・相模線(2006年03月06日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter