旅行の話の前に・・・総武線の線路についてひとこと

カテゴリ:鉄道:その他 | 公開日:2006年03月05日18:31
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

ずっと前にも少し触れましたが、総武線の線路状態など(だけじゃないですが)をめぐり、今年も国鉄千葉動力車労働組合(動労千葉)がストライキを起こそうとしています。この件に関してちょっと。





上:1番線津田沼よりの線路。補強継目板が2枚。
下:2番線と3番線の間にある外されたレールと、レールに設置された補強継目板の状況。

これは稲毛駅構内のレールの写真です。青い丸印をつけた部分、レールに不規則にたくさん継目板が取り付けられています。また、2番線(総武線緩行東行)と3番線(総武線快速上り)の間には取替えが行われ取り外された古いレールが置かれています。(写真2枚目)この無数に(それでも一時期よりは減りましたが)取り付けられた継目板、実は継目を止めているわけではなくロングレールの補強のために取り付けられているものなのです。動労千葉のWebからレール管理基準を引用すると・・・

Bランク(要観察箇所):長さ15mm未満の傷=1ヶ月以内に継目板を設置、計画的なレール交換
Cランク(要注意箇所):長さ15mm~30mm未満の傷=3日以内に継目板を設置し、1ヶ月以内にレール交換
CCランク(緊急箇所):長さ30mm以上の傷=3日以内に継目板を設置し、10日以内にレール交換

となっています。しかし、この継目板、設置されてから何ヶ月も放置されているものが大半というのが実態です。これは稲毛駅を頻繁に利用している私が見たものです。先週見たときには、1番線(総武線緩行西行)に3mほどの間に継目板3枚が連続している箇所があり(さすがにこの部分はすでにレール交換済み)、ここを列車が通過する際には異常とも思える摺動音が発生しています。レールの傷は進展すれば最悪の場合レール破断に至る可能性があります。万一レールが破断し曲がったところに列車が進入すれば最悪脱線という事故にもなりえます。(継目板があればとりあえず曲がることは無いだろう。)

JR化後はコストダウンを考慮して、使用実態に合わせたレール交換周期の延伸や管理手法の変更が図られました。しかし、他の路線を同じように見てみましたが、このように目でわかるほどレールの状態が悪化している場所はありませんでした。

動労千葉は「ボルスタレス台車蛇行動説」や「無謀なスピードアップ」を主張していますが、これは可能性としては低いと思います。なぜなら、京浜東北線や東北本線など同じようにボルスタレス台車の車両(209・E231・・・)が使用されている路線でもこのようにレールの異常磨耗は発生していないですし、200km/h超の運転をする新幹線でもこのような磨耗は発生していないからです。このような状況を勘案すると、やはりJR千葉支社の管理体制(重要幹線に見合わないレール交換周期や軌道狂いの管理)に問題があるということではないでしょうか。

今年1月にも総武線緩行西行の西千葉ー稲毛間でレール破断(ただしこのときは寒波によるレール収縮が原因といわれる)が発生するなど、ここ数年JR千葉支社管内ではレールのトラブルが増加傾向にあり、安全に直結する事項なだけに利用者としては、ここだけは労働組合の雑言といわず、トラブルが起きてからの対症療法ではなく、抜本的な対応(危険な箇所のレール交換など)をお願いしたいところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  総武線  レール

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter