鉄道旅行⑤ 交通博物館 その2

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。













万世橋駅遺構見学

「もう気が済むほど見た!」という方も多いことでしょうが私も書かせていただきます。(爆)

●万世橋駅と交通博物館の歴史を簡単に・・・
交通博物館の建っている土地はもとは「万(萬)世橋駅」という駅があった場所です。万世橋駅は1912年開業し、中央線が東京駅まで延伸するまでの間都心側のターミナルとして機能していました。(他の例としては総武線の両国駅が同じような役割)そして1919年の東京駅延伸後は中間駅となりました。1923年、関東大震災により辰野金吾(東京駅赤レンガ駅舎も設計)・葛西万司設計の万世橋駅舎は2階部分が焼失、焼け残った部分を残して復旧がなされます。1936年、この万世橋駅舎を解体し、その基礎を流用して現在ある交通博物館が建設されました。その後、戦争が激しくなり、1943年万世橋駅は廃止されました。物資不足により、万世橋駅の備品の一部が同時期に開業した京浜線(現京浜東北線)新子安駅に流用されているといわれています。(以上、交通博物館の資料から)

今回、交通博物館の閉館に合わせ、館内に残されている万世橋駅の遺構が公開されています。公開はツアー形式で時間を区切って行われています。土曜日の昼ごろ行きましたが、15:05~の会に参加できました。

集合場所は1号機関車と鉄道模型の間です。集合時刻になるとスタッフの人が参加票を確認します。そのあと、展示室の奥にある扉から駅跡へ入ります。内部はもちろん空調はありませんから、外と同じ気温です。入るとすぐ広くなっている部屋があり、ここで約6分間万世橋駅と交通博物館の歴史についてののビデオを見ます。(う~ん、このビデオ欲しいな。できればもっとロングバージョンで(笑))

その後ホーム跡へと移動します。古めかしい扉も目立つ長い通路を通ります。途中雨漏りが激しいようでよく家のガレージなどで使われる屋根が設けられています。床は最低限の整備しかされていないだけあってかなり段差がありつまずいて転びそうになりました。ホームへ上がる階段は滑り止めの金属が外されています。これは戦時中の金属供出のために外されたものといわれています。階段部分には先ほどとは異なり開業時からの木製の屋根が残っています。階段を昇った先はアクリル板のシェルターで囲まれており、ホーム上には今回の公開に合わせて立てられた「まんせいばし」の駅名版があります。脇は中央線の線路で数分間隔で列車が通過していきます。ここを通過するオレンジ色の201系もあと数年で置き換えられてしまう予定ですので、貴重な光景ですね。

この万世橋駅跡は4月28日まで公開が行われています。まだ行かれてない方、もしくは「1回では満足できない!」という方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。詳しい案内は交通博物館のホームページにもありますのでご参照ください。

交通博物館ホームページ
http://www.kouhaku.or.jp

写真詳説(暗いのでノイズが酷いです)
1段目 左:資料と参加票(これを首から提げます) 右:1号機関車横の集合場所
2段目 入ってすぐ6分間ビデオを見ます。左がそのスクリーン、右がプロジェクター
3段目 左:古めかしい扉が残る通路 右:「まんせいばし」の駅名版(レプリカ)
4段目 ホームまでの通路。
5段目 ホーム上から 左:御茶ノ水方面(下り電車が通過中) 右:神田方面

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:博物館・資料館 の最新記事

鉄道博物館2012(2012年09月14日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その2(2008年03月12日作成)
鉄道博物館(2月18日訪問)その1(2008年03月11日作成)
交通博物館の跡(2007年07月05日作成)
「文化むら」保存車両の厳しい現実(2006年09月07日作成)
碓氷峠鉄道文化むら(2006年09月06日作成)
地下鉄博物館、平日に行きました・・・(2006年06月24日作成)
閉館後の交通博物館(2006年06月17日作成)
交通博物館Part???(2006年05月04日作成)
旧新橋停車場と汐留シオサイト(2006年03月27日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:鉄道旅行⑥ 東京駅

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter