鉄道連隊の跡を辿る―4、京成線と交差・習志野市へ

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

しばらく開いてしまいました。久しぶりの更新です。


京成本線と交差
 

左:逆光で見辛いが、奥に京成本線のガード。(地図
右:京成本線のガード付近から、千葉方面を眺める。(地図


花見川団地付近の交差点を過ぎると、廃線跡は再び広い道となって進みます。真っ直ぐ進んで京成本線の高架が90度でオーバークロスします。交差部で上を通る京成線の橋台は煉瓦でできており、これは鉄道連隊として使用されていた当時のものでしょうか。ここを過ぎるといよいよ習志野市に入ります。

習志野市へ、廃線跡は遊歩道に
 

左:「ハミングロード起点」の標。(地図
右:遊歩道についての案内。(左写真とほぼ同一地点)


マンホールの市章なども変わり、習志野市に入ったことを実感できます。私はこのとき初めて自転車で市外へ出ました。廃線跡は相変わらず道路ですが、車道の幅が狭まり、その左側は「ハミングロード(マラソン道路とも)」と呼ばれる遊歩道になり、舗装もアスファルトから砂に変わります。入口には右写真のような案内があり、次のように書かれています。

ハミングロードのおいたち
習志野には明治から多くの軍関係施設が置かれ一大軍都を築いていました。戦後は軍用地は掘り起こされた畑地となり軍用施設は一般住宅、学校等に改造されました。このハミングロードも軍用鉄道の跡地が今日、市民の施設として活用されているものです。 (習志野青年会議所 寄贈)

遊歩道は樹木が植えられ、夏の暑い日には日差しを避けるのに最適でしょう。途中、公園になっている部分もあり、今も市民の憩いの場となっているようです。



この先津田沼へと廃線跡は続きます。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道連隊  廃線跡  千葉

カテゴリ:廃線跡・未成線 の最新記事

東横フラワー緑道(東急東横線廃線跡)(2012年05月27日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その3・終(2008年09月17日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その2(2008年09月12日作成)
京葉線千葉貨物ターミナル駅と新港信号場/その1(2008年09月08日作成)
中央線の支線跡2・・・境浄水場引込み線廃線跡(2007年11月15日作成)
中央線の支線跡1・・・武蔵野競技場線廃線跡(2007年11月14日作成)
西千葉公園と総武線黒砂信号場(2007年04月15日作成)
アプトの道(旧碓氷線遊歩道)(2006年09月08日作成)
鉄道連隊の跡を辿る―5、最終回・津田沼へ(2006年02月04日作成)
鉄道連隊の跡を辿る―4、京成線と交差・習志野市へ(2006年02月03日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:国鉄の残骸

最新記事

Yahoo!ジオシティーズサイトの今後について(2018/10/04)
西武新宿線中井~野方間地下化工事(2018年6月16日取材)(2018/08/27)
東京メトロ銀座線渋谷駅移設 - 渋谷駅再開発2018(2)(2018/05/11)
渋谷駅再開発事業の概要 - 渋谷駅再開発2018(1)(2018/05/05)
首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】完売していた書泉グランデ・ブックタワー様での販売を再開しました。また、新たに自家通販も開始しました。詳しくは→こちら(2018,08,20)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter