鉄道連隊の跡を辿る―0、その歴史

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

鉄道ネタといえるかは疑問ですが、かつて千葉~津田沼間に存在した鉄道連隊の軍用線廃線跡について書きます。これ自体は学校の学習の一環で1年も前に調べたのですが、これまで公開する機会がなかったので、この場を借りて書かせていただこうと思います。

建設の経緯と現在の廃線跡
時は明治末期から太平洋戦争中。鉄道第一連隊の元である「鉄道大隊」が明治29年、東京牛込の陸軍士官学校内に設立、翌年中野に移転した。その10年後の明治40年、「鉄道連隊」に昇格し、千葉(第一連隊)・津田沼(第二連隊)に分かれて移転した。これに伴い、千葉ー津田沼間では現在のJR総武線とは別に軍専用の軽便鉄道が敷設された。わざわざ既存の鉄道とは別に建設したのは、当時の蒸気機関車が急勾配に弱かったことや、旅客鉄道と軍用鉄道を分離することで、予備を確保する目的があったものと思われる。
終戦後、軽便鉄道の軌道敷は大半が道路に転用されたが、千葉付近のヤードは一時期、国鉄のレールセンター(工場)として使用されていた。この土地は現在千葉経済大学になっており、敷地内には当時の機関庫が残っている。
またこれらとは別に、津田沼ー松戸間には同じく鉄道連隊の演習線(戦地で鉄道を敷設するための訓練線)が敷設され、この軌道敷は現在新京成電鉄が使用している。新京成線に、最近の鉄道としては異常なほど急なカーブが連続しているのは、演習線時代にできるだけ長い距離を敷設する必要があったからだとされている。

参照した文献
千葉情報館 房総の廃線跡(廃線跡全体について)
千葉市稲毛区ホームページ 稲毛の文化財(千葉経済大学内の機関庫についての記述・リンク切れ
千葉空襲写真誌(毎年7~8月に千葉市より配布されている冊子)

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  廃線跡  鉄道連隊  千葉
<<<新しい記事:火山と温泉2
古い記事:首相の首都高移転の指令?>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

「散歩の達人」5月号取材協力のお知らせ(2017/04/22)
西武新宿線中井~野方間地下化工事(2017年4月9日取材)(2017/04/20)
東急大井町線急行7両化工事(2017年3月12日取材)(2017/03/22)
相鉄線星川駅高架化工事(2016~2017年取材)(2017/01/31)
2017年ご挨拶&2016年の人気記事と傾向 (2017/01/07)
首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト/総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】コミックマーケット92への出展が決定しました!8月12日(土・2日目)、スペース番号は「東地区“フ”ブロック-22a」です。購入希望アンケートを実施中です。イベント当日以外でのご購入希望の方も対象です。ご協力お願いします。「出展予定」ををご覧ください。(2017,07,23)
【お知らせ】更新通知専用のTwitterアカウントを開設しました。→@Rf_notify(2017,01,23)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter