首相の首都高移転の指令?

カテゴリ:雑記 | 公開日:2006年01月07日02:07
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

小泉首相が悪名高き?あの日本橋の上にかかる首都高の移設をせよと言い出したみたいです。(ニュース)かねてから議論はされていたみたいですが、これで一気に事業化か!?
街の中を激しく錯綜する道路
東京の首都高はいろいろな意味で寿命を迎えているといえます。東京オリンピックに向けて突貫工事で作ったわけで、道幅は異常なほど狭く(アメリカのロスのフリーウェイ(高速道路)はあの3倍くらい幅があった。)、通っていて落ちるんじゃないかと思えるほどです。排気ガスで街の空気は汚染され、混雑・事故による渋滞は時に都心を越えて郊外まで延びることもしばしば。そして安全に関わる構造上重大な問題が・・・
橋脚が割れた!?安全の根幹に関わる問題
阪神大震災の際、多数の高架橋で桁が転落する被害が起きたことから、橋脚の耐震補強や脱落防止用に極太のワイヤーで桁を固定するようになりました。今まで見た中で一番すごかったのは呉服橋出入口の工事だったと思います?走行桁を丸ごと外した上で、鋼製の橋脚に穴を開けて内部を補強していました。(鋼製橋脚は内部が空洞。内部からも補強できる。)これら補強については見た感じではほぼ一通り終了しています。
しかし最近、この補強を無意味にする、新たな問題が持ち上がりました。鋼製橋脚に金属疲労で亀裂が入ったというのです。(首都高速道路株式会社の情報)どうやら数十年という長い年月にわたる繰り返し荷重が原因のようです。(列車が間欠的に通過する鉄道の橋梁では有名な現象らしい。)これでは大地震発生に備えて橋脚に桁を固定しても橋脚が折れてしまって意味がありません。いろいろと補強対策を考えているみたいですが、もう限界なのではないでしょうか?
移設を考える
川を避けた移設を考えると周辺のビルを壊してそこに造るか、網の目のように走る地下鉄の下に、大深度地下利用で建設するくらいしかないでしょう。ただ、どちらにしても事業費は破格の数値となりますし、一般道との出入り口の設置は、非常に困難になりますからよく検討する必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京23区 ジャンル:地域情報
タグ:  首都高速  地下化
古い記事:火山と温泉1>>>

最新記事

「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
10/23・24 山手線内回りホーム拡幅工事 - 渋谷駅再開発2021(3)(2021/12/31)
銀座線渋谷駅移設と駅周辺の状況 - 渋谷駅再開発2021(2)(2021/11/10)
JR山手線・埼京線のホーム並列化 - 渋谷駅再開発2021(1)(2021/10/20)
上野東京ライン・品川駅再開発総集編本制作延期についてのご説明(2021/07/08)
とうきょうスカイツリー駅付近高架化工事(2021年4月24日取材)(2021/07/04)
静岡県三島市のマンホール(2021/06/30)
東京メトロ東西線南砂町駅改良工事(2021年4月23日取材)(2021/06/25)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

一部記事にてオリジナル形式のURLを試行中です。旧URLでアクセスいただいた場合でも自動転送されますので、読者の皆様はブックマークされている場合でも特に操作は不要です。(2021,11,10)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter