首相の首都高移転の指令?

カテゴリ:雑記 | 公開日:2006年01月07日02:07
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

小泉首相が悪名高き?あの日本橋の上にかかる首都高の移設をせよと言い出したみたいです。(ニュース)かねてから議論はされていたみたいですが、これで一気に事業化か!?
街の中を激しく錯綜する道路
東京の首都高はいろいろな意味で寿命を迎えているといえます。東京オリンピックに向けて突貫工事で作ったわけで、道幅は異常なほど狭く(アメリカのロスのフリーウェイ(高速道路)はあの3倍くらい幅があった。)、通っていて落ちるんじゃないかと思えるほどです。排気ガスで街の空気は汚染され、混雑・事故による渋滞は時に都心を越えて郊外まで延びることもしばしば。そして安全に関わる構造上重大な問題が・・・
橋脚が割れた!?安全の根幹に関わる問題
阪神大震災の際、多数の高架橋で桁が転落する被害が起きたことから、橋脚の耐震補強や脱落防止用に極太のワイヤーで桁を固定するようになりました。今まで見た中で一番すごかったのは呉服橋出入口の工事だったと思います?走行桁を丸ごと外した上で、鋼製の橋脚に穴を開けて内部を補強していました。(鋼製橋脚は内部が空洞。内部からも補強できる。)これら補強については見た感じではほぼ一通り終了しています。
しかし最近、この補強を無意味にする、新たな問題が持ち上がりました。鋼製橋脚に金属疲労で亀裂が入ったというのです。(首都高速道路株式会社の情報)どうやら数十年という長い年月にわたる繰り返し荷重が原因のようです。(列車が間欠的に通過する鉄道の橋梁では有名な現象らしい。)これでは大地震発生に備えて橋脚に桁を固定しても橋脚が折れてしまって意味がありません。いろいろと補強対策を考えているみたいですが、もう限界なのではないでしょうか?
移設を考える
川を避けた移設を考えると周辺のビルを壊してそこに造るか、網の目のように走る地下鉄の下に、大深度地下利用で建設するくらいしかないでしょう。ただ、どちらにしても事業費は破格の数値となりますし、一般道との出入り口の設置は、非常に困難になりますからよく検討する必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:東京23区 ジャンル:地域情報
タグ:  首都高速  地下化
古い記事:火山と温泉1>>>

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter