火山と温泉1

カテゴリ:雑記 | 公開日:2006年01月04日22:50
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

秋田県の泥湯温泉で硫化水素による死亡事故がおきたのは記憶に新しいでしょう。今回の事故の主な原因は大雪であるといえますが(高く積もった雪の中の空洞にH2Sが滞留し、そこを踏み抜いてガスが噴出した)、古くから日本人の心と身体を癒してきた温泉も、ある面では危険と隣り合わせであることを実感させる出来事でもあったと思えます。だからといって温泉に行かないわけにはいきませんよ。私は温泉大好きですから。

硫化水素(H2S)などの火山ガスによる事故
1971年 草津白根山(温泉造成のボーリング孔のH2S漏れ)死者6名
1976年 〃    (白根沢の滞留ガス)死者3名
1997年 安達太良山(沼ノ平火口内)死者4名
参照:気象庁火山情報

事故のおきた泥湯温泉は約30万年前に活動した火山である高松岳(産業技術総合研究所による)の山間にあります。周辺には「川原毛地獄(地熱地帯)」をはじめとする噴気・地熱地帯が分布しています。気象庁では2003年、活火山の定義を「過去1万年間(だいたい現在~縄文時代まで。それまでは2000年間。)に噴火、もしくは現在活発な噴気・地熱活動などが見られる火山」としていますが、事故のおきた高松岳が、このリストに入っていないのは、ずっと疑問に思っています。そもそも火山噴火という地球の歴史を、人類の歴史に当てはめようとすること自体が、無理に見えて仕方がないと思うのですが・・・。
泥湯温泉と川原毛地獄(山の温泉ガイド)

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:気になった事 ジャンル:ニュース
タグ:  火山ガス  事故

最新記事

首都高速晴海線開通記念イベント「晴海線スカイウォーク」(2018/04/17)
都営大江戸線勝どき駅改良工事(2018年2月18日取材)(2018/04/03)
あなたの街の桜、大丈夫ですか?…桜の老齢化問題(2018/04/02)
東京メトロ丸ノ内分岐線方南町駅改良工事(2018年1月21日取材)(2018/03/10)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[4]シモチカウォーク)(2018/03/07)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[3]登戸駅・代々木八幡駅)(2018/03/02)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[2]世田谷代田駅)(2018/02/24)
コメント・拍手機能を廃止します(2018/02/23)
小田急線複々線・10両化工事(2017・2018年取材[1]東北沢駅・下北沢駅)(2018/02/17)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2017年9月20日取材)(2018/02/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト/京葉線新東京トンネル書籍化プロジェクト】5/5(土)に東京ビッグサイトで開催される「コミティア124」への出展が決定しました。スペース番号は「W60a」です。詳しくは→こちら(2018,04,19)
【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】通信販売の受付は終了しました。5/5(土)のコミティア124が最終販売となります。(2018,04,23)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter