113系について

カテゴリ:鉄道:JRの車両 | 公開日:2005年12月03日19:51
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



国鉄型車両シリーズでもうひとつ。
東海道線からは今年度で引退する「湘南電車」こと113系です。103系が山手線や総武線など混雑率の高い「通勤路線」に導入されたのに対し、113系は東では東海道線、横須賀線、西ではやはり東海道・山陽線、阪和線など中距離を走る路線に導入されました。大きな違いはやはりドアの数と座席の配置でしょうか。駅間距離が長いためドアは103系の4つに対し3つ、座席もドアの近傍を除き4人ずつ向かい合わせになる「セミクロスシート」形となっています。(後年一部の車両は混雑緩和のためロングシート化された)
やはり高速化や老朽化には勝てず、横須賀線では1999年、西の東海道線では今年で引退しました。
そして東の東海道線でもE231系への置き換えが進み、今年度中には姿を消します。この車両の場合も、近年の車両に見られるように普通車はすべて4ドア、大半がロングシートという仕様であります。私的にはあのロングシートは硬くて座りづらく、雰囲気的にも長時間乗車には向かないような気がします。(最近はクッションがやや改良されたようですが。)
このように活躍の場を狭めている113系ですが房総各線ではまだまだ現役です。比較的製造の古い車両が多かったようですが、東海道線であまった製造の新しい車両で取替えを行っており、この先数年は安泰といえましょう。しかし製造年数からすると何十年も使えるものではなく、保守にも手間がかかるため新型車の登場もそう遠い話ではなさそうです。

写真
一枚目:2004/11/14 京都
    前面窓の押さえが金属製に改造されている。
二枚目:2005/11/20 蘇我
    左は山手線からやってきた205系、右が113系。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR東日本  113系

カテゴリ:鉄道:JRの車両 の最新記事

埼京線E233系7000番台(2014年11月17日作成)
JR東日本・仙台地区の車両(2010年08月19日作成)
京葉線E233系5000番台(2010年08月05日作成)
横浜線開業100周年(2008年10月10日作成)
さよなら「ゆとり」踊り子号@品川駅(2008年03月09日作成)
京葉線新木場駅・その2(2007年12月08日作成)
京葉線・東京モーターショー関連臨時列車(2007年10月29日作成)
E331系甲種回送(新習志野駅)(2007年10月27日作成)
南武支線(2007年10月09日作成)
鶴見線(2007年10月04日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:103系1200番台
古い記事:総武線の線路は・・・>>>

最新記事

山ノ内町のマンホール(2019/05/08)
都営大江戸線勝どき駅ホーム増設工事(2019年2月11日取材)(2019/04/20)
須坂市のマンホール(2019/04/14)
千駄ヶ谷駅改良工事(2019年取材)(2019/04/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2019年2月16日取材)(2019/03/22)
JR御茶ノ水駅改良工事(2019年2月16日取材)(2019/03/20)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2019年1月25日取材)(2019/03/14)
京急大師線地下化工事(2019年2月26日取材)(2019/03/03)
京成博物館動物園駅跡、開く。(2019/02/08)
2019年のご挨拶(2019/01/31)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【東急新玉川線書籍化プロジェクト】「東急新玉川線(上・下)」書店委託販売中です。なお、COMIC ZIN新宿店は6/3(月)をもちまして閉店となりましたのでご注意ください。詳しくは→こちら(2019,06,04)
お問い合わせページに注意事項を追加しました。ご利用の際はご一読をお願いいたします。(2019,06,04)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。SSL化後は古い携帯電話(ガラケー)で閲覧ができなくなる場合があります。新しい環境への移行をお勧めいたします。(2019,02,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル

「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト YouTube再生リスト:小田急線地下化・複々線化 YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter