山手線恵比寿駅ホームドア使用開始(2010年6月26日取材)

開閉中のホームドア

山手線ではJR東日本の「グループ経営ビジョン 2020―挑む―」に基づき、2013年以降をめどにホームドアの導入が計画されています。これに向けた技術検証を行うため、去る2010年6月26日に恵比寿駅でホームドアの使用が先行して開始されましたのでその様子をお伝えしたいと思います。

■山手線のホームドアの概要
山手線のホームドアは東京メトロや民鉄各線ですでに導入されているホームドアを基本としていますが、高密度運転やすべての駅で屋外の設置となることから

●ホームドア戸袋の一部を緊急脱出口とするため取り外し可能な構造にする。
●耐環境性の向上やシステムの2重化などを行う。
●稼動状況を常時モニタリングし、故障時にすぐ対処できるよう構成する。
●高機能のセンサーを導入し、ドアに荷物やかさなどが挟まっても検知できるようにする。
●ホームドアの一部を透にし、足元を見やすくする。

といった信頼性・安全性向上に向けた改良がなされています。なお、この山手線のホームドアはJR東日本とグループ会社の東日本トランスポーテックが共同で設計・開発を行っています。

■先行使用開始となった恵比寿駅の様子

YouTube - 山手線恵比寿駅のホームドア(使用開始初日)(音量注意)

先行使用開始となる恵比寿駅では2010年3月から4月に掛けてホームドア本体がの設置工事が行われ、当初の予定通り6月26日初電から使用を開始しました。今回はその使用開始当日に取材を行いましたが、ホームの各所にはJRの駅員やメーカーである東日本トランスポーテックの社員が配置されており、ホームドアの開閉が問題なく行われているか監視を行っていました。また、初日ということもあり、新聞社やテレビ局などが取材を行っている様子も散見されました。
なお、東京メトロ副都心線の開業時に問題となった停止位置制御(TASC)の精度ですが、この山手線ではホームドアの使用開始の3ヶ月前からコントロールラン(実際にTASCを動作させて運転)を行っていたこともあってか、この日見ていた30分ほどの間到着した数十本の列車ではオーバーランなどは発生しておらず、現在に至るまで特にトラブルの発生は無い模様です。

閉じた状態のホームドア。ドア部分が透明になっている。
閉じた状態のホームドア。ドア部分が透明になっている。

設置されたホームドアは当初発表されていた通りドア部分が透明になっています。山手線は建設が古い駅も多く、カーブ上にホームがあるため電車とホームの間が広く開く箇所が多数存在しますが、ホームドアが透明になっていることで乗車前にその隙間を確認できるため安全性が向上しています。なお、先頭車の運転台より2箇所のドアについてはほかとドア間隔が異なるため不透明なドアとなっています。
ちなみみ、2010年度中にホームドアの設置が発表されている東京メトロ有楽町線でも山手線と同じく透明なホームドアが導入されるとのことです。

▼参考
有楽町線にホームドアを設置します - 東京メトロ|ニュースリリース(2010年4月27日発表)

ホーム両端にあるホームドアの動作表示器。ホームドアの開扉中は赤いランプが点灯する。 運転台のホームドア関連の表示灯。「ホームドア連携」「ホームドア全閉」の表示灯が点灯。
左:ホーム両端にあるホームドアの動作表示器。ホームドアの開扉中は赤いランプが点灯する。
右:運転台のホームドア関連の表示灯。「ホームドア連携」「ホームドア全閉」の表示灯が点灯。

※クリックで拡大

ホームの両端の天井にはホームドアの動作状況を表示するランプが新設されました。山手線では今のところホームドア導入によりワンマン運転化される計画は無く、ドアの開閉はこれまでどおり列車の最後部に乗務している車掌が行うことになります。車掌は車両側に設置されているランプとこのランプを見ながらドアの開閉状況を確認することになります。また、運転士側でも運転台にあるホームドア用の表示灯でホームドアの開閉状況を確認できるようになっており、トラブルの発生をすぐに把握できるようになっています。

大崎駅で掲出されていた山手線ホームドア使用開始の告知
大崎駅で掲出されていた山手線ホームドア使用開始の告知

この山手線のホームドアは2010年8月28日より目黒駅でも先行使用が開始されました。今後は3年間かけて列車の運行に与える影響や技術的な課題を洗い出した上で山手線全駅への整備が進められる計画となっています。
また、4月の記事でもお伝えしましたが山手線を走るE231系500番台の7号車と10号車に連結されている6ドア車(サハE230形)の4ドア車交換も進められています。恵比寿駅・目黒駅ともに現在この部分はホームドアが設置されていませんが、4ドア車への交換が完了する来年8月以降ホームドアが設置される予定となっています。
より安全で快適な駅へ…これからも駅の進歩は続きます。

▼関連記事
ATOの仕組み(2008年6月29日作成)
山手線ホームドア導入と課題(2008年7月18日作成)
山手線ホームドア設置工事とE231系改造の現況(2010年4月5日作成)

▼参考
山手線への可動式ホーム柵の導入について - JR東日本(PDF)(2008年6月3日発表)
山手線恵比寿駅、目黒駅のホームドア使用開始日について - JR東日本(PDF)(2010年3月4日発表)
山手線用ホームドア | 先端技術 | 事業紹介 | 東日本トランスポーテック株式会社 | East Japan Transport Technology Co.,Ltd このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:ホームドア整備 の最新記事

首都圏鉄道各社でホームドア設置が進行中(その2-1:山手線)(2012年07月22日作成)
首都圏鉄道各社でホームドア設置が進行中(その2-2:山手線・小田急線新宿駅)(2012年07月22日作成)
首都圏鉄道各社でホームドア設置が進行中(2012年05月04日作成)
東京メトロ有楽町線ホームドア設置工事(2011年1月9日取材)(2011年02月24日作成)
山手線恵比寿駅ホームドア使用開始(2010年6月26日取材)(2010年09月19日作成)
山手線ホームドア設置工事とE231系改造の現況(2010年04月05日作成)
山手線ホームドア導入と課題(2008年07月18日作成)
ホームドア設置目前!東京メトロ丸ノ内線(2006年10月03日作成)
その他の記事はこちら

Facebookのコメント

コメント

コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter