山陽電鉄 - 関西旅行2010(6)

カテゴリ:遠征旅行記関西旅行2010 | 公開日:2010年11月23日21:48
山陽電鉄須磨駅

明石海峡大橋をあとにし、引き続き神戸方面へ向かいます。ここで、JR神戸線(山陽本線)ばかりに乗るのはつまらないということで、JRの舞子駅ではなく隣にある舞子公園駅へ行き、山陽電鉄に乗りました。

▼関連記事:「関西旅行2010」1つ前の記事
明石海峡大橋 - 関西旅行2010(5)(2010年11月4日作成)

■山陽電鉄の概要


大きな地図で見る

山陽電鉄は神戸市の西代駅から姫路市の山陽姫路駅(本線:全長54.7km)と山陽網干駅(網干線:全長8.5km)を結ぶ私鉄です。西代駅からは神戸高速鉄道を経由して阪神電鉄(阪神本線)と相互乗り入れを行っており、阪神間のアクセス鉄道という意味では並行する山陽本線(JR神戸線)と完全に競合状態に置かれています。この区間は関西の私鉄では珍しく国鉄分割民営化以前から山陽本線の優位な状態となっており、山陽電鉄は主に地域間輸送に徹する形を強いられています。
1995(平成7)年の阪神大震災以後はさらにこの傾向が強まったため、危機感を持った山陽電鉄では1998(平成10)年より、神戸高速鉄道東西線・阪神本線を経由して阪神梅田駅へ至る「直通特急」の運行を開始し、阪神間を行き来する利用者の取り込み強化を行いました。(一方で同年、それまで相互乗り入れを行っていた阪急神戸線は神戸高速鉄道の新開地駅までの直通に短縮された。)さらに、山陽電鉄は鉄道事業以外に路線バス・高速バスなどのバス事業や分譲マンションの販売などいくつかの副業を持つことで収益を確保しています。このあたりの事情は首都圏の京成電鉄と同様といえるでしょう。

▼脚注
:今年3月には休止となっていた神戸高速鉄道新開地~西代間に対する阪急電鉄の第2種鉄道事業許可が廃止され、制度上も山陽電鉄と阪急電鉄の直通運転は完全に廃止された。なお、第2種鉄道事業とは他社の線路を使用して列車を運行する事業のことである。

■山陽電鉄の車両

現在山陽電鉄が所有している車両は「3000系」「5000系」の2種類に大別することができます。

●3000系
3200系(3206-3207-3217) アルミ車体の3050系(3074-3075-3542-3642)
左:3200系(3206-3207-3217)
右:アルミ車体の3050系(3074-3075-3542-3642) 2枚とも山陽須磨駅で撮影

※クリックで拡大

2種類ある車両のうち古い方にあたるのがこの3000系です。メカニズム面は昭和中期の通勤電車としては標準的な抵抗制御となっており、4両または3両の編成を組み、前者は普通列車やS特急に使用されています。車内は一部車両を除きロングシートとなっています。この3000系は製造された年代により「3000系」「3050系」「3200系」にさらに細分化することができ、その中でも車体の材質がアルミ合金のものと普通鋼のものに2文することができるなどバリエーションに富んでいます。
3000系は1964(昭和39)年から1971(昭和46)年にかけて製造された車両で、1964・65年に製造された最初の2編成は国鉄の301系(営団地下鉄東西線直通)と並んで、当時の国内では大変珍しかったアルミ合金製の車体となっています。この先進性は各方面から高く評価されており、3000系は1965(昭和40)年の鉄道友の会ローレル賞を受賞しています。一方、以降の車両は1968(昭和43)年の神戸高速鉄道開業に合わせて製造された車両で、短期間に大量の車両を用意する必要性からコスト低減が強く求められたため、普通鋼製の車体へ逆戻りしています。
1972(昭和47)年からは3000系の基本構造はそのままに冷房を搭載強調文することとなり、形式が3050系に区分されて製造が継続されました。さらに、1981(昭和56)年からは再びアルミ合金製の車体が採用されます。これは当時地元に工場を持つ川崎重工で研究が進められていたアルミ合金の中空押し出し型材を試用したもので、以後1985(昭和60)年の製造終了まで全面的にこの工法が採用されています。
3200系は3000系列の製造で廃車となった車両から機器を流用して作られた車両で、他の車両よりもモーターの出力が小さいことから全編成が3両編成となっており、網干線で運行が多くなっています。車両の外観は3000・3050系の鋼製車と変わりません。
昭和中期に製造されたこの3000系ですが、2004(平成16)年からは内装面を中心にリニューアルが行われており当面の間使用が継続されるものと思われます。

●5000系
山陽電鉄5000系。山陽垂水駅で撮影
山陽電鉄5000系。山陽垂水駅で撮影

5000系は3000系列に代わる新型車両として1986(昭和61)年から製造が開始された車両で、主に阪神電鉄を経由して阪神梅田駅へ乗り入れる直通特急に使用されています。メカニズム面では保守性を考慮して動力方式には抵抗制御の応用版で回生ブレーキが使用可能な界磁添加励磁制御が採用され、車内は並行する山陽本線との対抗を意識してロングシートからクロスシート(当初は固定、後に転換可能型)へ変更されました。
当初、3000系と同じく3両・4両の編成で製造された5000系ですが、その後特急列車を6両編成に増結することになり、後から中間車のみを増備する形で全編成の6両編成化が行われています。また、1998(平成10)年の直通特急運転開始に備えて製造された車両は制御方式が当時登場したばかりのIGBT素子を使用したVVVFインバータに変更され、形式も5030系に区分されています。5030系は1998年から2001年にかけて製造されましたが、その後は不況や利用者の減少などもあり前述の通り既存の車両の更新でしのぐ状態が続いており、今後の増備の計画は今のところ無い模様です。

山陽須磨駅で下車した後は徒歩でJRの須磨駅まで移動し、再びJR神戸線で東へ向かいます。

▼参考
大都市圏のライバル - 交友社鉄道ファン2010年10月号(通巻594号)
など

▼関連記事:「関西旅行2010」
神戸市営地下鉄 - 関西旅行2010(1)(2010年10月2日)
姫路城「平成の大修理」 - 関西旅行2010(2)(2010年10月8日)
姫路市のマンホール - 関西旅行2010(3)(2010年10月17日作成)
姫路駅・加古川駅で見た車両 - 関西旅行2010(4)(2010年10月26日作成)
明石海峡大橋 - 関西旅行2010(5)(2010年11月4日作成)

(つづく) このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  山陽電鉄  3000系  5000系
古い記事:昇仙峡@携帯>>>

Facebookのコメント

コメント

直通特急に乗って
僕は阪神・山陽の直通特急に乗ったのを思い出す。難波発着の阪神電鉄に乗り、尼崎で乗り換えたからだ。近鉄と阪神がどうして乗り入れしてるのか不思議だ。僕は私鉄では各駅停車がダメなんだ。神戸市内では阪神・山陽直通の電車が神戸高速に乗り入れると地下に潜り、地上区間が無く、見ることが出来ない。
2011/01/01 11:19 | URL | 投稿者:タクロウ [編集]
コメント機能をご利用の際は必ず注意事項のページをご覧ください。
不適切な投稿内容は修正・削除される場合があります。また、内容によっては管理人からのレスが付かない場合がございます。確実に返信が欲しい場合はEメールをご利用ください。

管理者にだけ表示を許可する(管理人からの返信が付きません)


最新記事

首都圏外郭放水路庄和排水機場(2016/10/02)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材②新綱島~日吉)(2016/09/10)
相鉄・東急直通線建設工事(2016年取材①羽沢~新横浜)(2016/09/07)
相鉄・JR直通線建設工事(2016年6月取材)(2016/08/27)
茨城県・守谷市のマンホール(2016/08/26)
東京メトロ千代田支線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2016年6月4日取材)(2016/08/21)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2016年6月4日取材)(2016/08/14)
次期「書籍化」プロジェクトへの道すじ(2016/08/12)
JR飯田橋駅ホーム移設工事(2016年6月取材)(2016/08/06)
東急東横線10両化&関連工事(2015・2016年取材)(2016/08/03)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

【総武・東京トンネル書籍化プロジェクト】COMIC ZIN様で欠品しておりました「総武・東京トンネル(上・下)」の販売を再開しました。詳しくは→こちら(2016,04,10)
さらに前のお知らせ

おすすめ&スペシャル

「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト 当サイトの前身であるYahoo!ブログから運営通算10周年を記念し、2008年に連載した「建設史から読み解く首都圏の地下鉄道① 総武・東京トンネル」についてほぼ白紙から書き直し、自主制作本(同人誌)にまとめるプロジェクトです。2015年3月のコミケットスペシャル6で総武線区間について取り上げた「上巻」、12月のコミックマーケット89で横須賀線区間について取り上げた「下巻」をそれぞれリリースし、昼過ぎに完売となる大好評となりました。現在書店(COMIC ZIN)様にて絶賛発売中です。

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter