カテゴリ:マンホールのフタ の記事一覧

記事総数:59記事 ページ総数:5ページ
静岡県三島市のマンホール
静岡県三島市のマンホールです。1・2枚目はイラストが描かれた蓋で、三島市の花である桜が描かれています。1951(昭和26)年に三島市内にある国立遺伝学研究所(NIG)にて、ソメイヨシノの起源を探るための実生実験が行われたこと、同年三島市の新庁舎が竣工したことを記念して制定されました。 3・4枚目は一般的な幾何学模様の蓋、上水道のバルブ(止水栓)の蓋で、中央に三島市の市章が描かれています。三島市の市章は富士山をイ......
2021/06/30
Tw: FB: B!:
神奈川県小田原市のマンホール
 2020年3月末~4月初めにかけて本業の都合で1週間ほど神奈川県の小田原市に滞在していました。滞在していた小田原駅前のホテル周辺で見かけたマンホールの蓋です。 1枚目はイラストの蓋で、市中心部を流れる酒匂川に江戸時代存在した「酒匂川の渡し」※をイメージし、その背後に小田原城、箱根山、富士山を描いています。2枚目は一般的な幾何学模様の蓋で、中央にウメをモチーフした小田原市の市章が描かれています。▼脚注※当時の......
2021/06/19
Tw: FB: B!:
滋賀県大津市のマンホール
 2019年秋に西日本を巡った際撮影したマンホールです。今回は滋賀県大津市のJR東海道線大津駅から京阪浜大津駅にかけて移動する際撮影したマンホールの蓋です。 1枚目は1998(平成10)年に大津市市制100周年を記念して製作されたイラストの蓋です。デザインは一般公募されたもので、大津港(京阪びわ湖浜大津駅前)から見た琵琶湖の中に花火、遊覧船(ミシガン)、琵琶湖大橋、びわ湖タワー(大津市堅田、2001年閉園)の観覧車「......
2021/04/26
Tw: FB: B!:
和歌山県和歌山市のマンホール
昨年秋に西日本を回った際撮影したマンホールの続きです。今回は和歌山県和歌山市の南海電鉄和歌山市駅・JR和歌山駅周辺にあったマンホールの蓋です。1枚目はイラストの蓋で、和歌山の伝統工芸品である「紀州てまり」が全面に描かれています。左下のてまりの中央には和歌山市の市章が添えられています。和歌山市は北東南の3方向が山に囲まれていることから、漢字の「和」とカタカナの「カ」の文字を合成したロゴを3つの三角形で囲......
2020/11/19
Tw: FB: B!:
大分県別府市のマンホール
昨年秋に西日本を回ってきた際収集してきたマンホールの続きです。九州の物でアップロードし忘れていたものがありましたので一旦戻りまして大分県別府市のマンホールの蓋です。1・2枚目は別府市郊外の温泉地(別府地獄めぐり)周辺にあったマンホールの蓋です。別府温泉は日本で最大の温泉湧出量を誇り、市内各所に源泉があるほか、旅館・ホテル・住宅へ温泉の供給管が張り巡らされています。源泉が集中している山沿いには引湯管に......
2020/10/31
Tw: FB: B!:
大阪府貝塚市のマンホール
昨年秋に西日本を回ってきた際収集してきたマンホールの続きです。5回目の今回は大阪府南部にある貝塚市のマンホールの蓋です。3枚とも南海電鉄・水間鉄道貝塚駅前にあったものです。1・2枚目は市の花である「コスモス」と、それを基とした市のCI(コーポレートアイデンティティ)マークが全体に描かれています。貝塚市の花あるコスモスは1989(平成元)年6月に市民から公募で決定されたもので、愛らしさ、可憐さを表し、親しみや......
2020/09/30
Tw: FB: B!:
福岡県福岡市のマンホール
昨年秋に西日本を回ってきた際収集してきたマンホールの続きです。4回目の今回は福岡県福岡市の博多駅周辺で見つけたマンホールの蓋です。1枚目(左)は福岡市の市章が中心に描かれています。福岡市の市章は1909(明治42)年に制定されたものでカタカナの「フ」を9つ組み合わせることで「福(フク)」を意味しています。2枚目(右)は1991(平成3)年より設置されているイラストのマンホール蓋です。これは福岡市の下水道普及人口1......
2020/06/24
Tw: FB: B!:
福岡県北九州市のマンホール
昨年秋に西日本を回ってきた際収集してきたマンホールの続きです。3回目の今回は関門海峡を渡った先の北九州市のマンホールの蓋です。1・2枚目の蓋は中心に北九州市の市章が描かれています。北九州市は1963(昭和38)年に門司・小倉・戸畑・八幡・若松の5市が合併して誕生しました。北九州市の市章はこの5市を表す5枚の花びらと漢字の「北」「九」「大」の文字を図案化したものが組み合わさったものとなっています。図案化された文......
2020/05/31
Tw: FB: B!:
山口県周南市のマンホール
昨年秋に西日本を回ってきた際収集してきたマンホールの続きです。2回目は山口県周南市の徳山駅前にあったマンホールの蓋です。周南市は2003(平成15)年4月に徳山市・新南陽市・熊毛町・鹿野町の2市2町が合併して誕生した市です。徳山駅周辺は、2018年に北口で周南市立徳山駅前図書館を中心とする徳山駅前賑わい交流施設が完成するなど、現在も市中心としての整備が続いています。北口側では、この区画整理によりタイル舗装の整備......
2020/04/22
Tw: FB: B!:
広島県竹原市のマンホール
昨年夏から秋にかけて新型ホームドアの取材を兼ねて2回に渡り西日本を回ってきました。その最中にもマンホールの収集をしてまいりました。まずは広島県南中部にある竹原市のマンホールの蓋です。今回訪問したJR呉線竹原駅周辺には市章等が描かれた蓋は無く、駅前ロータリーとそこから続く商店街の近辺にイラストの蓋が設置されていました。描かれているのは竹原市の木である「竹」とかぐや姫(竹取物語)です。竹はまっすぐな信念......
2020/03/31
Tw: FB: B!:
沼津市のマンホール
 静岡県沼津市のマンホール蓋です。上段(1・2枚目)はイラストデザインで、手前には沼津市の花である「ハマユウ」、駿河湾沿いに10kmに渡り続き日本百景にも選ばれている「千本松原」、さらに後ろには愛鷹山と富士山という静岡県東部を代表する風景が描かれています。完全なカラー版の蓋は沼津港近く(ファミリーマート沼津港店向かいの歩道上)などごく一部にしか設置されていません。また、後から合併した沼津市南部の戸田港周......
2020/02/15
Tw: FB: B!:
静岡市のマンホール(2018年版)
※今週は体調不良で長編記事が書き終わらなかったため、短編の記事のみとなります。 Yahoo!ブログ時代から続けている全国のマンホール“収集”ですが、最近は特に写真のクオリティが低かったものや新たなラインナップが登場した都市に関して「二巡目」の収集を開始しています。今回は2006年に一度訪れている静岡県静岡市のマンホール蓋について新たに確認できたものを紹介します。■葵区(旧静岡市エリア)のマンホール 左(1):静岡......
2020/02/14
Tw: FB: B!:
スポンサード リンク

最新記事

銀座線渋谷駅移設と駅周辺の状況 - 渋谷駅再開発2021(2)(2021/11/10)
JR山手線・埼京線のホーム並列化 - 渋谷駅再開発2021(1)(2021/10/20)
上野東京ライン・品川駅再開発総集編本制作延期についてのご説明(2021/07/08)
とうきょうスカイツリー駅付近高架化工事(2021年4月24日取材)(2021/07/04)
静岡県三島市のマンホール(2021/06/30)
東京メトロ東西線南砂町駅改良工事(2021年4月23日取材)(2021/06/25)
東京メトロ千代田線北綾瀬駅ホーム延伸工事(2021年4月10日取材)【終】(2021/06/21)
神奈川県小田原市のマンホール(2021/06/19)
京葉線幕張新駅建設工事(2021年6月取材)(2021/06/17)
品川駅再開発2020-2021(2)高輪築堤(2021/05/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

一部記事にてオリジナル形式のURLを試行中です。旧URLでアクセスいただいた場合でも自動転送されますので、読者の皆様はブックマークされている場合でも特に操作は不要です。(2021,11,10)
当サイトは近日中にSSL化(暗号化通信対応)する予定です。準備のため、サイトの動作が不安定になる場合があります。ご了承ください。古い携帯電話では閲覧できなくなる場合がありますので、新しい環境への以降をお勧めいたします。(2020,01,15)
過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

@takuya870625 Twitter