タグ:成田新幹線 での検索結果

記事総数:8記事 ページ総数:1ページ
編集後記など - 京葉線新東京トンネル(27)
投稿日時:2010年04月24日10:27
投稿カテゴリ:京葉線新東京トンネル
本文:※クリックすると目次ページを表示します。京葉線新東京トンネル最後の記事として、今回は京葉線・中央線の接続新線計画についてと東京地下駅が成田新幹線の駅を流用したものとして誤認されている理由について述べることとしたい。■京葉線・中央線接続新線計画2000(平成12)年1月27日、当時の運輸省(現在の国土交通省)の諮問機関として設けられていた運輸政策審議会(現在の交通政策審議会)が第18号答申を発表した。ここでは首......

幻の成田新幹線計画と東京駅(その2) - 京葉線新東京トンネル(20)
投稿日時:2010年02月22日08:51
投稿カテゴリ:京葉線新東京トンネル
本文:※クリックすると目次ページを表示します。前回の記事では成田新幹線全体の概要について述べたので、本記事では京葉線と関わりが深い東京駅付近の地下区間について解説する。成田新幹線の東京地下区間は大きく分けて「東京地下駅」と「東京駅~越中島貨物駅間のトンネル」の2つに大別することができるので、本記事でもこれらについて項目を分けて解説することとする。■成田新幹線の東京地下駅▼参考成田新幹線の計画 東工25-1(昭和......

幻の成田新幹線計画と東京駅(その1) - 京葉線新東京トンネル(19)
投稿日時:2010年02月20日21:53
投稿カテゴリ:京葉線新東京トンネル
本文:※クリックすると目次ページを表示します。首都高速八重洲線の下を過ぎるといよいよそこは終点東京駅のホームである。「京葉線新東京トンネルは造りかけの成田新幹線のトンネルを流用した」という噂があるのは本レポートの一番最初の記事で触れたとおりであるが、途中で建設が放棄されたという経緯から資料が極端に少なく、特にこの東京地下駅については書籍・ネット上など様々な場所においてその真偽に関する議論が絶えない。本レ......

越中島駅~隅田川立坑(現地写真) - 京葉線新東京トンネル(11)
投稿日時:2010年01月08日00:10
投稿カテゴリ:京葉線新東京トンネル
本文:※クリックすると目次ページを表示します。■隅田川トンネル:1km858m38~2km635m08(L=776.70m)▼参考京葉線工事誌 580~597・694~704ページ越中島公務員宿舎受替え工事について 東工25-1(日本国有鉄道東京第一工事局)1974年3月●概説→前回の記事を参照●現地写真(特記したもの以外は2009年8月16日撮影)清澄通りと区道144号線の交差点から公務員住宅を見る隅田川トンネルは越中島駅を出るとすぐにこの10階建の公務員住宅2棟の......

越中島駅~隅田川立坑(概説) - 京葉線新東京トンネル(10)
投稿日時:2010年01月04日00:12
投稿カテゴリ:京葉線新東京トンネル
本文:※クリックすると目次ページを表示します。■隅田川トンネル:1km858m38~2km635m08(L=776.70m)▼参考京葉線工事誌 580~597・694~704ページ越中島公務員宿舎受替え工事について 東工25-1(日本国有鉄道東京第一工事局)1974年3月工期:1987(昭和62)年10月~1989(平成元)年5月(シールド掘進のみ)●概説隅田川トンネルの位置(C)国土交通省 国土情報ウェブマッピングシステムカラー空中写真データ(平成元年)に筆者が加筆※......

東越中島立坑~越中島駅(概説) - 京葉線新東京トンネル(6)
投稿日時:2009年12月22日01:49
投稿カテゴリ:京葉線新東京トンネル
本文:※クリックすると目次ページを表示します。■東越中島立坑:3km569m12~3km587m92(L=18.80m)▼参考京葉線工事誌 467~482、520ページ工期:1985(昭和60)年10月~1986(昭和61)年10月(シールド工事は1989(平成元)年3月まで)●概説丸で囲んだ部分の中心が東越中島立坑本体(C)国土交通省 国土情報ウェブマッピングシステムカラー空中写真データ(平成元年)に筆者が加筆潮見駅の先で地下に入った京葉線は塩浜トンネル、東越中......

京葉線の生い立ちと都心線計画 - 京葉線新東京トンネル(1)
投稿日時:2009年12月05日18:30
投稿カテゴリ:京葉線新東京トンネル
本文:※クリックすると目次ページを表示します。■はじめに 2008年8月から2009年11月にかけてお送りした「総武・東京トンネル」のレポートは各方面より大変ご好評を博しました。この結果を受け、「総武・東京トンネルのみならず、ほかの地下鉄トンネルについても調査してみよう」と考え、次のターゲットとして鉄道ファンの間で比較的注目度が高い、京葉線の潮見~東京間の地下区間を選び、今年初めより調査を続けてまいりました。この度そ......

「げんこつ電車」北総7000形・「C-Flyer」北総9100形ほか
投稿日時:2006年05月23日16:44
投稿カテゴリ:京成グループ
本文:※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。新鎌ヶ谷からは北総鉄道に乗ります。身近な存在ながら乗ったのは今回が初めてでした。北総開発鉄道は東京葛飾区の京成高砂から、千葉県の新鎌ヶ谷を経て千葉ニュータウン・印旛日本医大を結ぶ路線です。部分開業を繰り返して現在の姿になっており、初期の段階では都心へ向かうすべがなかったため新鎌ヶ谷から新京成線に乗り入れていましたが、現在は廃止されています。かつては社名......

最新記事

京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter