鎌ヶ谷市のマンホール

カテゴリ:道路マンホールのフタ | 公開日:2012年11月16日22:39
鎌ヶ谷市のマンホール 鎌ヶ谷市のマンホール
※クリックで拡大

鉄道関係の工事完成のピークが過ぎたため、久しぶりにこのカテゴリを復活させようと思います。

今回は新京成電鉄くぬぎ山車両基地公開イベントに行く途中で見かけた鎌ヶ谷市のマンホールの蓋をご紹介します。

左は最近各都市で増えつつある絵柄を用いたものです。中央に入っているのが鎌ヶ谷市の市章です。鎌ヶ谷市の市章は市民からの公募で決定されたもので、カタカナの「カマガヤ」を図案化しており、円形の部分は「和」、横長の部分は市の発展を意味しています。(鎌ヶ谷市のホームページに正確な寸法を示した図面があります。)周囲を囲む木々は鎌ヶ谷市の木である「木犀(もくせい)」を描いたものと思われますが、描かれている面積が小さいため一目見ただけではちょっとわかりにくいかもしれません。周囲には「I?(ハート:ラブ)CLEAN KAMAGAYA・F」という文字が囲んでいます。末尾の文字は管渠の種類(汚水・雨水)を表しており、汚水の場合は「F」(foul/filthy)、雨水の場合は「R」(rain)がそれぞれ入ります。

右は昔から設置されている規格形の蓋で、幾何学模様の中心に鎌ヶ谷市の市章が入るシンプルなものです。ちなみに、この鎌ヶ谷市の市章は東京の某鉄道会社で昔使われていたマークに似ているとよく言われますが、上記の通り直接的なつながりは当然ながらありません。

▼参考
千葉県鎌ケ谷市ホームページ このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:マンホールの蓋 ジャンル:写真
タグ:  鎌ヶ谷市  マンホール

カテゴリ:マンホールのフタ の最新記事

京都府宇治市のマンホール(2022年02月07日作成)
静岡県三島市のマンホール(2021年06月30日作成)
神奈川県小田原市のマンホール(2021年06月19日作成)
滋賀県大津市のマンホール(2021年04月26日作成)
和歌山県和歌山市のマンホール(2020年11月19日作成)
大分県別府市のマンホール(2020年10月31日作成)
大阪府貝塚市のマンホール(2020年09月30日作成)
福岡県福岡市のマンホール(2020年06月24日作成)
福岡県北九州市のマンホール(2020年05月31日作成)
山口県周南市のマンホール(2020年04月22日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter