DOUJIN SHIBUYAご来場の御礼

カテゴリ:雑記 | 公開日:2020年01月15日12:05
DOUJIN SHIBUYA

 1月12日(日)、渋谷ヒカリエ8階イベントスペースで弊サイトも出展した同人誌即売会・トークセッションイベント“DOUJIN SHIBUYA”が開催されました。ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
 コミックマーケットなど近年急速に注目が高まっている同人誌即売会ですが、渋谷ヒカリエを会場として開催するのは史上初の試みとのことで、出展者側としてもどの程度の人数、興味・関心をお持ちの方がご来場されるのか未知数であり、準備も試行錯誤しつつ当日を迎えることとなりました。結果、弊サイトにおきましては既刊としてご用意した「東急新玉川線」シリーズは閉会直前で完売、新刊「渋谷タイムライン東横線編」につきましても70名近い来場者様にお買い上げいただくなど、この規模のイベントとしては破格の成果を収めることができました。ご来場いただきました皆様、また今回出展の機会をいただきました関係者の皆様に改めて深く御礼申し上げます。

■新たに見えてきた課題
 さて、今回は渋谷ヒカリエという立地を考慮して既刊・新刊ともに思い切ってお手に取っていただきやすい価格を目指しました。結果は上記の通りとなったわけですが、これによりいろいろと問題が発生することとなりました。その問題というのは釣銭と持ち帰り用の袋についてです。

①会期中に釣銭が枯渇!
 2015年以来大小様々な同人誌即売会に出展してきましたが、500円または1000円単位ではない中途半端な価格設定をするのは今回が初めてでした。ちなみに、これまで区切りのよい価格設定にしてきた理由は、赤字黒字云々ではなくいかに迅速に会計を完了させるかという処理能力に起因ものです。短時間で大量の客を捌く必要があるスポーツイベントやコンサートの物販などでも、同様の理由で100円単位・1000円単位で価格設定をするのが常となっています。
 中途半端な価格設定をすることから、今回のイベントに関しては釣銭用の100円硬貨を弊サイト史上最大量(6~7千円分程度)用意しました。しかし、今回のイベントについては場所柄もあり開場時より千円札でお支払いいただく方が続出し、会期半ばで100円硬貨が枯渇する事態となりました。ひとまず隣近所の出展者様に両替の応援をいただきつつ、渋谷ヒカリエのすぐ隣には日曜日も営業している渋谷郵便局があったことから、ATMに駆け込んで閉会まで保つ量の100円硬貨を再調達することとなりました。(実際にはこれでも残数はギリギリでした。)

②持ち帰り用の袋はないの?
 これまで出展してきた同人誌即売会では、運営者から持ち帰り用の袋が販売される、もしくは暗黙の了解として来場者で持ち帰り用の袋を持参する(もしくは購入したものが入るような大きいバッグで来る)といった文化があり、出展者で持ち帰り用の袋を用意するということはしてきませんでした。しかし、今回は一般の商業施設の一角を借用しての開催だったことから、そういった事情を知らない方にも多くお立ち寄りいただくこととなりました。
 今回のイベントは開催が正式決定したのが1ヶ月前と準備期間が大変短かく、途中年末年始による業者の休業もあったことから、袋の問題に気づいた頃には既に発注できるだけの時間が残されていませんでした。このため、袋を用意できないまま当日を迎えご来場者の皆様に大変ご迷惑をおかけすることとなってしまいました。

昨年末に開催されたコミックマーケット97の様子(南2ホール)
昨年末に開催されたコミックマーケット97の様子(南2ホール)

 次回のイベント出展は5月のゴールデンウィークに開催されるコミックマーケット98を計画しています。このイベントでは今回刊行した「渋谷タイムライン」ならびに「別の新刊」をご用意する予定です。(出展に際しては抽選があるため落選の場合もあります。「別の新刊」の内容につきましては当選確定後ご案内します。)こちらの2作品の価格設定は今回と同一にすることを考えていることから、釣銭の準備量に関しては十分な注意を要することが判明しました。また、持ち帰り用の袋についてはコミックマーケットでは準備会が販売するため問題ありませんが、イベントの規模、想定される来場者の層によっては出展者側でもある程度準備する必要があることが判明しました。より根本的な問題としてA4に固執せず持ち帰りやすい判型に変更することも含め、近隣の出展者様、ご来場者様にご迷惑をおかけしないよう今後の教訓として生かしてまいりたいと思います。

■イベントを記念して動画を作りました
渋谷駅再開発2013→2020~シブヤは7年でここまで変わった~ - YouTube

今回のDOUJIN SHIBUYA開催を記念しまして、東急東横線・東京メトロ副都心線直通開始前から撮り溜めてきた動画を総集編としてまとめました。この動画はイベント当日に開場の弊サークルのスペースに置いていたタブレットで放映したほか、同日よりYouTubeでも公開しております。動画は約12分で、前半は東横線地上ホームの風景や2013年3月の代官山駅構内での切替工事の様子、中間は渋谷ヒカリエから見た渋谷駅東口の変化、後半は渋谷~代官山間の2013年・2020年の地点ごとの比較となっています。渋谷駅激動の7年間をぜひ振り返ってみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:同人誌 ジャンル:サブカル
タグ:  渋谷駅  イベント

カテゴリ:雑記 の最新記事

2022年のご挨拶と目標(2022年01月01日作成)
上野東京ライン・品川駅再開発総集編本制作延期についてのご説明(2021年07月08日作成)
2020年を振り返って(2020年12月31日作成)
新しいパソコンを導入しました(2020年10月26日作成)
DOUJIN SHIBUYAご来場の御礼(2020年01月15日作成)
2019年のご挨拶(2019年01月31日作成)
2018年の予定(10周年を迎えるにあたり)(2018年01月09日作成)
真木よう子氏コミケ出展中止騒動に思うこと(2/2)(2017年08月31日作成)
真木よう子氏コミケ出展中止騒動に思うこと(1/2)(2017年08月31日作成)
2017年ご挨拶&2016年の人気記事と傾向 (2017年01月07日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter