世界貿易センタービル(浜松町)

カテゴリ:公共施設展望台・タワー | 公開日:2008年03月19日16:43
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



1枚目
世界貿易センタービルディング。西側から。<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/10/F3.5/ISO1600)・トリミング>

3月1日(土)の内容はまだ続きます。次は浜松町駅前の世界貿易センタービルの展望台に行きました。

世界貿易センタービル展望台「シーサイドトップ」は、ビル建て替え工事着手のため2021年1月31日をもって閉館となりました。なお、本記事は2009年のリニューアル前の状況です。

夜景スポットの穴場?
世界貿易センタービルディングはJR浜松町駅のすぐ前にある高層ビルです。低層部はバスターミナル・飲食店・貸会議室など、中層部はオフィス、高層部は結婚式場とこの記事で採り上げる展望室となっています。また、3階部分には東京モノレールの浜松町駅があります。竣工は高度経済成長期の真っ最中の1970(昭和45)年3月、工期はわずか2年8ヶ月でした。152mという高さは今でこそ当たり前ですが、当時は東洋一を誇り、東京そして日本の発展の象徴となっていたようです。



展望室へのエレベータ入口。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/60/F2.8/感度オート)>

世界貿易センタービルディングの展望室「シーサイドトップ」は最上階の40階にあります。展望室へは1階から専用のエレベーターで上るのですが、ビルの中央の奥まったところにあるため初めて来る場合は少々迷うかもしれません。入場券はエレベータに乗る前に脇にある券売機で購入します。40階まで行くと受付があり、そこで入場券を渡すと半券とパンフレットがもらえます。そこから数段階段を上ると展望室です。



東側(豊洲・晴海方面)。左下の森は浜離宮恩賜庭園。
<CanonPowerShotA700・(6mm)・オート(1/800/F4/感度オート)・専用ソフトでパノラマ合成>

展望室は建物の全周にわたっており、北側は汐留の高層ビル群、東側は臨海副都心、南側は品川の高層ビル群、西側は東京タワー・新宿副都心などそれぞれの向きで違った景色が眺められます。同じ港区にある六本木ヒルズや東京タワーの展望台はいつも混んでいますが、ここはそういった状況とは無縁で急いで写真を撮る必要などもありません。展望台の中でも「穴場」といえそうです。



東京タワー方面。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/250/F6.7/ISO100)・トリミング>

ただ、高度経済成長期に造られたビルということで古さが否めないのも事実です。一番困ったのが窓ガラスに貼り付けられているフィルムです。恐らく古い構造であるため地震などで飛散するのを防ぐ目的で貼り付けられたものと思われますが、所々フィルムと窓ガラスの間に空気が入っており、写真を撮ると白く濁った画像になってしまうのです。さらに、最近の建物のように制震装置がしっかりしていない(入っていない?)のか、風による揺れを少し感じる場合があります。また、景色に関しても東京の象徴と呼べるレインボーブリッジが手前に建つ東芝の本社ビルに阻まれて見えないなど、「初期に建った」ということによるハンデ負わざるを得ない状況をうかがうことができます。



左:終点東京駅へ向かう新幹線N700系。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(55mm)・オート(1/60/F5.6/ISO100)>
右:直下にある浜松町駅へ進入する東京モノレール1000形。ポイント部分の軌道が独特。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(55mm)・オート(1/90/F5.6/ISO100)>

鉄道ファン的に見逃せないのは眼下を通るJRの線路です。山手線・京浜東北線・東海道線・新幹線・東京モノレール・新交通ゆりかもめと6本の路線が通るこの場所は雑誌等でも良く採り上げられています。



夕刻の汐留シオサイト高層ビル群。
<PENTAX K10D・smcPENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL(18mm)・オート(1/10/F3.5/ISO1600)>

ちょっと飲み物を飲みながら休憩・・・そうしているうちに暗くなってきました。他の夜景スポットならそろそろ混んでくる時間ですが、ここは相変わらず人はまばらです。(横で熱~~いキスを交わしているカップルも居ましたが(爆))もう一度展望室を一周しながら夕日に染まる都心を撮影して、展望室をあとにしました。

世界貿易センタービルディング展望室「シーサイドトップ」
開館時間 10:00~20:30
入館料 高校生以上 620円
     小中学生  360円
      幼児    260円
※ビルの設備点検のため休館あり要確認。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

カテゴリ:展望台・タワー の最新記事

文京シビックセンター25階展望ラウンジ(2013年06月22日作成)
まもなくオープン!東京スカイツリー(2010~2011年取材まとめ)(2012年01月04日作成)
東京スカイツリー(2010年2月6日取材)(2010年03月31日作成)
北とぴあ17F展望室(2008年04月14日作成)
三軒茶屋キャロットタワー展望ロビー(2008年03月22日作成)
世界貿易センタービル(浜松町)(2008年03月19日作成)
千葉ポートタワー「スカイオープンデッキ」(2006年12月21日作成)
犬吠駅と地球の丸く見える丘展望館(2006年08月24日作成)
千葉ポートタワー(2006年05月02日作成)
その他の記事はこちら
<<<新しい記事:稲毛海岸駅前の河津桜
古い記事:東京都調布市のマンホール>>>

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter