千葉公園の秋

カテゴリ:公園・風景 | 公開日:2007年11月24日22:48
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


今日は1ヶ月ぶりに地元を自転車で走ってきました。1つ目は秋本番、そして冬が近づきつつある千葉公園の様子です。

雪吊り・紅葉


綿打池の全景。お決まりのモノレールが入ったアングルで。

公園の中心にある綿打池の島では松の木に雪吊りがされています。先週、新聞の地域欄でも採り上げられていました。雪吊りといえば金沢の兼六園が有名ですが、わざわざそこまで行かずとも、近所でこのように見ることができるのはうれしいことです。もっとも、千葉は温暖な気候で、積雪があるのは一冬に1回あるか無いかという確率で、「雪吊り」として意味を成す機会はほとんどありません。



モミジの木と雪吊り。はもっと背景をぼかしたかったのですが、このあたりがコンデジの限界といえそうです・・・



モミジの葉。

11月末ということで気になるのが紅葉。公園内を一周してみましたが、千葉公園には一般に言われる「モミジ(カエデ)」の木はほとんど植えられていないようです。その中でわずかに植えられていたモミジの木ですが、今週~来週にかけてが見頃という感じの色づき具合でした。



池の柱に止まるユリカモメ。彼らは一体どんな会話を交わしたのか・・・

水場ということで渡り鳥がよくやって来るようです。一番多く見かけたのはユリカモメでした。「撮って」と言わんばかりに目の前を飛び回ってくれたので数枚・・・


今日は「遅寝・遅起き」で夕方の微妙な写真ばかりだったので、明日はもっとマトモな写真を撮ってこようと思います・・・

▼関連記事
桜満開の千葉公園(2006年3月31日)
→春の桜の様子。(携帯電話のカメラで撮影)
千葉公園、大賀ハスの花が見頃です(2006年7月3日)
→毎年6~7月に見られる大賀ハス(古代ハス)の花。
千葉公園の保存蒸機(2006年7月6日)
→公園の隅に保存されている蒸気機関車。アスベスト除去を機に再塗装され現在はきれいになっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:千葉県 ジャンル:地域情報
タグ:  千葉公園  綿打池  雪吊り  紅葉
古い記事:東京都府中市のマンホール>>>

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

現地取材・資料調査等の速報用Twitterアカウントを試験運用中です。試験運用のため運用方針が今後大幅に変更される場合もあります。(2022,09,20)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter