風っこくるり号

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


ちばデスティネーションキャンペーンの臨時列車のハイライトは久留里線で運行された“風っこくるり”です。以前、内房線で運転された“風っこ南房総”と同じくキハ40系“びゅうコースター風っこ”を使用した列車で、4月の7・8・14・15・21・22日に運転されました。


久留里線は全線が単線であり交換設備の数が限られ、さらに信号システムの関係で列車本数が制限されています。このため、今回の“風っこくるり”は定期の普通列車に連結する形で運行されました。市販の時刻表では「臨時列車運転に伴い定期列車が運休・時刻変更」として扱われていたようです。



ホームから溢れて停車(久留里)

普通列車と合わせて4両編成になったことにより、2両分しかないホームから溢れるため後部に連結された“風っこ”の2両は途中駅で一切ドアが開けずに運転されました。途中駅で前部の2両から乗降できるよう、木更津駅での連結作業では貫通幌の接続も行われています。



キハ40“風っこ”(久留里)



前部の普通列車の側にもきちんとヘッドマークが取り付けられています(木更津)

▼関連記事
風っこ南房総号in富浦駅(2007年3月9日)

※2009年1月19日、動画をYahoo!ビデオキャストからYouTubeに差し替え
スポンサード リンク
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

現地取材・資料調査等の速報用Twitterアカウントを試験運用中です。試験運用のため運用方針が今後大幅に変更される場合もあります。(2022,09,20)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


@takuya870625 Twitter