SL/DL南房総号撮影レポート(4)木更津駅

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。





昔のままの駅舎


●乗車列車
198M普通千葉行き 安房勝山15:36→木更津16:24(列車時刻表

安房勝山駅へ戻ってきました。相変わらず1時間に1本のダイヤに変わりは無く、30分ほど待ち時間がありました。駅前は観光案内所とコンビニ(「個人商店」といったほうが正しい)が1軒あるだけであとは何もありません。もちろん駅構内もNEWDAYSやKIOSKなどの売店は一切ありません。木造の駅舎と歩道橋のような簡単な構造のホームへの跨線橋があるだけです。電車の待ち時間にちょっと買い物という考えはこの辺りでは通用しません。



左上:駅舎内
右上:その右にはこの週末で終わりだった水仙まつりのPRが
左下:跨線橋から館山方面を眺める
右下:駅名板と誰も乗っていない113系

SLと一緒に移動する撮影者
木更津駅に着く直前、車窓を眺めるととっくの昔にSLは通過したはずなのに線路脇には大勢の見物人がいました。と、上り線を黒い物体が通過していきました。D51 498です。車両基地に収容するためいったん駅の南側に引上げてきたようです。車掌さんが到着の放送を入れます。

「・・・まもなく木更津、木更津です。 ボッ!

車内は笑いに包まれます。すれ違ったSLが偶然にも車掌さんの真横で汽笛を鳴らしたようです。



ホームに下りると反対側にはディーゼル機関車DE10と乗客を降ろした客車が停車中でした。DE10の周りは昼の館山駅ほどではありませんが、撮影をしている方がいます。反対のホームを越えた向こうの車両基地には先ほどすれ違ったD51が入ってきました。撮影者がSLと一緒にホーム上を移動します。



ホームに停車中のDL編成を撮影。ヘッドマークのデザインはSLとほぼ同じものです。



113系とともに。

●乗車列車
4654F快速久里浜行き 木更津16:40→千葉17:15(列車時刻表

後続の列車に乗って千葉へ戻り、帰宅しました。

(つづく)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

最新記事

京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter