SL/DL南房総号撮影レポート(3)DL南房総号

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。





南国風情の館山駅


●乗車列車
184M普通千葉行き 館山13:00→安房勝山13:20(列車時刻表

館山駅に着いてから20分ほどでSL南房総号は一度駅の北側の電留線にはけます。大半の人はそちらまでついて行ったようですが、私はまだ次に行く場所があったので駅にとどまります。2・3番線ホーム上には「特急さざなみ」のE257系500番台2編成が停車中でした。館山駅の南国風情あふれる駅舎とE257系の黄色いボディーはなかなか合っている気がします。写真右は駅名板を写したものですが、駅前ロータリーには花が一杯に植えられている上、ヤシの木まであります。(これはちょっとやり過ぎかな?)
なかなかの「傑作」だと思いました。
さて、3番線の列車がはけたあと、乗車する普通列車が入ってきました。が、何と4両編成。ここで帰る人も多く、立席が出ていました。

菜の花とともに


上りの「DL南房総号」の撮影場所は安房勝山駅からやや南に進んだ場所です。
1つ目の記事でも述べたとおり、地図と前面展望のビデオをもとに決めました。内房線は歩道が未整備の国道127号線がぴったり寄り添っている区間が多く、場所の選定には苦労しました。

この朝、家を出発する直前にいつものようにRSSリーダーでみなさんのブログを「ナナメ読み」していたわけですが、その中にSL南房総号に関するある記事がありました。


菜の花のカーペットの中をSLが駆け抜ける素晴しい写真です。
これを見たとき「あれ?」と思ったんです。この記事を見ると後ろに学校のような建物が写っています。撮影場所を決めた際に地図を印刷しておいたのですが、私が決めた場所の地図にもこれに対応すると思しき学校が・・・

「もしかして菜の花畑が広がっている??」

ちょっと期待をしつつ現地に到着しました。



(クリックで拡大・パノラマ合成1400*291ピクセル)
見事な菜の花畑でした。
場所的にはSoftMachineさんの記事とは菜の花畑を挟んで逆側になります。

すでにニュースで菜の花が咲いているということも聞いており、「せっかく千葉で撮るんだから菜の花も一緒に・・・」という気持ちはかねてからありましたが、選んだ場所が偶然にもそういう場所だったとは思いもよらなかったことです。



先行の普通列車。ぼちぼち線路脇に人が集まり始めました。



来ました。



(クリックで拡大)
後のSLが切れているのは見なかったことにして下さい!!!(滝汗)
超駄作になってしまいましたが、「空」「山」「菜の花」の3要素がいっぺんに入れられたということでこれはこれでいいことにしましょう・・・(いいのかな??)

自分の技量の無さを痛感しつつ安房勝山駅へ戻りました・・・・・・。

(つづく)

※2011年9月9日:ALPSLAB baseのサービス終了に伴い、地図をYahoo!ロコのものに差し替え
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR東日本  千葉  内房線  DE10

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter