東急田園都市線複々線化(その2)二子新地駅

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

▼関連記事
東急田園都市線複々線化(その0)
東急田園都市線複々線化(その1)二子玉川駅


工事着工前の二子新地駅はホームの渋谷方の上下線間が広がったやや変則的な対向式ホームの駅でした。これは4線構造の二子玉川駅に向かって幅を広げる必要があったためで、多摩川橋梁上までその変化が続いていました。
複々線化に際しては田園都市線の上下線間を広げてその間に急行通過線(二子玉川駅の大井町線折返し引上げ線をそのまま延長)を挿入する予定です。このため、田園都市線下りの線路を線路2本分移設しました。この移設は多摩川橋梁にも及び、橋脚の改造や桁の移動を伴う大規模なものになったようです。現状では下り線の中央林間方は従来線につなげるためカーブしており、ホーム幅が足りない分は木製の仮設ホームで埋めています。すでに下り線の新しい線路も姿を見せ始めており、早ければ今年度中にも切り替えが行われるのではないでしょうか?



左上:ホーム渋谷方から見た多摩川橋梁。奥が二子玉川駅で、大井町線の引上げ線に停まる電車が見える。
右上:上下線の間では路盤(急行線)の工事が続く。
左下:ホーム中央林間方。床は緑色のシートから左が仮設部分。
右下:振り返ると従来線の左に新しい線路が出来始めていた。

スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

お知らせ

2021年以前の記事について、記事のレイアウトの一部やURLを最新記事と同様になるよう修正を進めています。古いURLでアクセスされた場合変更後のURLに自動転送されます。(2023,04,19)


過去のお知らせ一覧
公式X(旧Twitter)