昭和のかほりの青梅駅

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


昭和末期生まれの私にはあまりよくわかりませんが・・・とにかくレトロな雰囲気の青梅駅です。

ホームの電灯は通常の蛍光灯に加えてガス灯風の電灯が中柱についており、立ち食いそばの店も木造風で看板は右書きで「青梅想ひ出そば」と書かれています。ホームから改札口への地下通路は壁面一杯に映画の看板が並べられています。さらに先に行くと青梅の昔の町並みの写真が並べられています。
その隣は漫画「天才バカボン」に関する資料が並んでいます。さらに、電車が発車する前に流れるメロディーは「ひみつのアッコちゃん」の歌です。これは青梅駅のそばにある青梅赤塚不二夫会館にちなんだものでしょう。




青梅駅の駅舎。1924年に青梅鉄道本社として建てられたものです。



改札内の風景。
左上:ホーム上のガス灯風の電灯・駅名板も手書き風の書体
右上:時計
左下:改札口とホームをつなぐ通路
右下:改札口脇に並べられた写真

最近ブームの「団塊世代向け」の一つでしょうか・・・


スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
<<<新しい記事:御嶽駅
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

お知らせ

2021年以前の記事について、記事のレイアウトの一部やURLを最新記事と同様になるよう修正を進めています。古いURLでアクセスされた場合変更後のURLに自動転送されます。(2023,04,19)


過去のお知らせ一覧
公式X(旧Twitter)