青梅・五日市線201系

カテゴリ:鉄道:JRの車両中央線 | 公開日:2006年11月20日21:44
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


昨日は雨の中東京西部まで行ってきました。まずは拝島駅で撮影した青梅線・五日市線の201系です。「青梅線らしさ」をもっと強く出すならば河辺駅より先へ行くのがいいのかもしれないのですが、今回はちょっと時間の関係でここまでにしておきました。中央線と青梅・五日市線で走っているのはともにオレンジ色の201系ですが、前面の種別表示や運転台の停車駅誤通過防止アラームの有無など車両の搭載機器の関係で運用が分かれており、青梅・五日市線専用車は中央線に入ることはありません。(前面に「青梅・五日市線」というシールが貼ってあります。)



この編成は元総武線の車両で、6両+4両に分割可能になっておりホームの短い五日市線と青梅線の青梅以遠に乗り入れをしています。また、10両での運用も可能なよう京葉線の場合と同じく電気連結器が標準装備されています。

▼関連記事
京葉線201系連結作業
→外房線誉田駅での6両編成+4両編成の連結作業。



また、中央線からも1時間に数本ですが、東京から直通で乗り入れてきています。(種別は「青梅特快」もしくは通常の「快速」。)こちらはホーム長の関係から青梅線乗り入れが中心です。(1日1往復だけですが五日市線と八高線に直通する列車があります。この列車は拝島で分割併合をします。)

中央線と同じく青梅・五日市線の201系もE233系での置き換えが予定されています。拝島駅の側線にはこれに先立つ動きなのか、E233系4両編成が留置されていました。(おそらく乗務員の訓練用。)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  青梅線  五日市線  201系

カテゴリ:中央線 の最新記事

中央線E233系(2007年01月20日作成)
黎明期の中央線(2006年12月30日作成)
201系「四季彩」(2006年12月09日作成)
青梅線201系(青梅より先で撮影)(2006年12月06日作成)
中央線201系(2006年12月05日作成)
青梅・五日市線201系(2006年11月20日作成)
甲府駅にて(2006年09月23日作成)
中央線に3時間乗って・・・(2006年09月22日作成)
東京駅中央線ホームより(2006年09月12日作成)
御茶ノ水駅にて(2006年07月20日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter