カテゴリ:公園・風景日本庭園

小石川後楽園

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


週末の撮影分です。東京都心のど真ん中にある小石川後楽園に行ってきました。まだ紅葉には早かったですが、多くの人で賑わっていました。

神田上水の跡も


モミジの葉。あと2,3週間もすれば美しく色づくだろう。

小石川後楽園は江戸時代初期、水戸徳川家の祖である頼房が中屋敷(のち上屋敷)として造られ、その後二代藩主光圀により完成したものです。造園に当たり光圀は中国(当時は明)の儒学者である朱舜水の意見を取り入れ、円月橋や西湖堤などの中国風の景観が多く見られます。また、後楽園の名も舜水の命名で、これは中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から取ったものです。園内にはは江戸の町に生活用水を供給した神田上水が通り、池の水もここから取り入れていました。(現在は跡のみ)

料金・開園時間など
開園時間 9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日 12/29~1/1
料金 一般300円 65歳以上150円 (小学生と都内在住の中学生は無料)
交通 JR・東京メトロ・都営地下鉄飯田橋駅から徒歩2~8分・東京メトロ後楽園駅から徒歩8分
ホームページ http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html (財)東京都公園協会HP内


都内の他の庭園と比べると木々が密集していてやや暗い印象です。写真を撮る際は三脚があったほうがよいでしょう。あと数週間もすればここもモミジが美しく色づくはずです。ただ、その雰囲気をぶち壊しにしてしまうのが隣接する東京ドームシティーの遊園地“LaQua”のアトラクションから聞こえてくる絶叫。静かに楽しむはずの庭園にこれは流石にありえない状況です。



園内は中央の大泉水と東側の内庭に分けることができます。山の方は木々が密集していて暗いです。
左上:大泉水。
右上:内庭。木立の隙間から東京ドームが見える。
左下:山の上から見下ろしたところ。
右下:急な階段「愛宕坂」。「昔の人は着物でこれを登ったんだ~」と驚嘆する声も。



主な建物。
左上:「通天橋」
右上:「円月橋」この下を神田上水が通っていた。
左下:「得仁堂」内部が公開されていた。
右下:「九八屋」



主な動植物。
左上:枝垂桜。春は花がきれいだろう。
右上:名称不明。
左下:藤棚と稲田。文京区内の小学生が5月に田植え、9月に稲刈りをする。
右下:都内の庭園ではお馴染みの鯉。

スポンサード リンク
テーマ:東京23区 ジャンル:地域情報
古い記事:「モノサク」>>>
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

お知らせ

各記事ページ下部にあるSNSボタンの仕様が古く、一部サービスで不具合を起こしていたため修正しました。(2023.08,12)
2021年以前の記事について、記事のレイアウトの一部やURLを最新記事と同様になるよう修正を進めています。古いURLでアクセスされた場合変更後のURLに自動転送されます。(2023,04,19)


過去のお知らせ一覧
公式X(旧Twitter)


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2023 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
※当サイトは個人が運営しています。企業サイトではありません。
未来へのレポートNOW(取材速報Twitter)
※現在Twitterでは頻繁に仕様変更が実施されており、外部サイトのウィジェット表示に不具合が生じています。最新ツイートは@Rf_nowアカウントページにて直接ご確認ください。(なお、全てのツイートをご覧いただくにはTwitterアカウントでのログインが必要となりましたのでご注意ください。)