京成船橋駅付近連続立体交差化事業2

カテゴリ:鉄道:建設・工事 | 公開日:2006年10月18日08:43
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



京成船橋駅








上:踏切から見た下りホーム。
中:高架線上の上りホーム。
下:上りホームへの仮設通路(1階)。柵の外は地上を走る下り線。


京成船橋駅付近の立体交差化の続きです。京成船橋駅は現在上り線が高架上の新設ホームを、下り線がその直下のホームを使用しています。完成時には中2階が改札コンコースになる予定で、現在はその部分が出来上がっていない(高架下を電車が走っているため被ってしまい造れない)ため、上下線のホームが完全に独立した状態です。上りホームへの改札口は地上線時代の時と位置はほとんど変わっておらず、その先は地上線時代の上りホームを仮設通路としています。高架線上の新設ホームは円形の屋根になっていて、鉄製の骨組みの間は布のようなもので屋根を構成しています。ホームは上野方で8両分が終わった先は柵で仕切られ、さらに2両分程度延びています。現時点では実現する可能性は低いですが、10両化などを想定しているのかもしれません。



2枚目写真の位置の後ろ側。

ホームのすぐ脇には踏切があり、ここが交通渋滞の最大の原因となっていました。現在は下り線のみの「単線」であり、昔に比べると遮断時間は大幅に減っています。あと1ヵ月後には下り線も高架化され、この踏み切りも廃止されることになります。


この先はJR総武線をまたぐために築堤になるあたりまで高架化されます。ただし、その切り替え地点は列車の中からしか見えないため今回は割愛させていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  京成  船橋  連続立体交差  高架化  工事

最新記事

京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter