107系・・・JR東自社製造の先駆け

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

さて、「アプトの道」を往復して横川駅に戻ってきました。「文化むら」も既に閉まっており、駅前はもう誰も居ない状態です。ここから千葉まで数時間かけて帰ることになります。

コストを最小限に


横川駅から乗ったのは行きとは違い107系4両編成でした。
この車両が登場する以前は運用の間合いで165系などを通勤列車などに使用していましたが、2ドア・オールクロスシートのためラッシュ時は乗客を収容しきれず(※「上尾事件」の遠因ともなった)、データイムは空気輸送状態となるなど輸送実態に見合わなくなっていました。JR化後、車両の主要部品(台車・制御器・エアコンetc)はその165系の廃車発生品を使用し、車体を新製したこの107系が造られました。廃車発生品を利用したのは新生JRのまだ安定していない経営基盤の中で、コストを最小限に抑えながら老朽車両の取替えを行ういう命題を達成するための策ともいえます。

ディティール類


107系の運転席。抑速ブレーキも装備。2両運転を可能にするためすべての車両に運転台がついています。



3ドア・ロングシートと一昔前の近郊型で標準的な構成です。冷房機は横川寄りのクモハ107は集中式のAU79A形を、高崎寄りのクハ106は分散式のAU13Eを搭載しており、前者の車内は平天井、後者は丸天井と大きく違っています。

自社製造のノウハウ取得へ向け
107系の製造は大船・大宮などJR東日本の自社工場で行われました。これは後に209系やE231系などの大量生産を行う新津車両製作所設立を睨んだ動きでもありました。車両の生涯をすべて自社で管理できることは車両の設計・管理を行ううえで非常に有利となります。107系製造の経験を生かし約10年後、東急車輛からの技術供与を受けて新津車両製作所が操業を開始し、以後猛烈なスピードで首都圏の通勤電車の取替えは進んでいくことになります。

                        *     *     *

在りし日の在来線「あさま」を想いながら・・・


ガラガラの電車に揺られて高崎に戻りました。ここから上野までE231系快速アーバンのグリーン車で帰ります。こちらもガラガラでした。通過する駅を眺めていると、横軽廃止直前に在来線の特急「あさま」に乗りに行ったことを思い出しました。行きは上野から長野まで、帰りは小諸から上野まで乗ったと記憶しています。「横軽」通過中の車内では「峠の釜飯」を食べました。終着の上野に着いたのは夜の8時過ぎ、今回とほぼ同じです。乗っている電車は違いますが、あの時乗った「あさま」と同じ雰囲気を味わえました。

2006/09/02 青春18きっぷの旅第2回目
(おわり)
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
<<<新しい記事:PASMO対応料金箱のバス
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

現地取材・資料調査等の速報用Twitterアカウントを試験運用中です。試験運用のため運用方針が今後大幅に変更される場合もあります。(2022,09,20)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


@takuya870625 Twitter