東京駅復原工事、着工9ヶ月延期

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



東京駅では、3月末から4月にかけて赤レンガ駅舎の復元工事について大々的にPRし、6月には工事に向けて入居している施設の移転がほぼ完了した状態となりました。しかしそれ以来に特に動きは見られていませんでした。

ここへ来て新事実が・・・


赤レンガ駅舎の復元に関して当初、JRが随意契約で国内の企業に復元工事を発注し、今年4月に着工予定でした。しかし今年はじめ、アメリカの企業が工事に関心を持っていることが外交筋で伝えられます。JR側はコストアップや後期の長期化を懸念しましたが、アメリカ側はWTO(世界貿易機関)の「政府調達に関する協定」のリストに入っていると主張し、JRは紛争かを恐れて一般入札に切り替えました。現在のJR東日本は日本政府も株を手放しており、完全民営化を達成していますが、国鉄時代は「公共企業体」ということで各企業に満遍なく発注するのが当然となっており、その「名残」が悪さをしてしまった結果です。この入札は12月に行われる予定で工期全体が9ヶ月遅れることになります。4月以来目に見える作業が行われていなかったのはこのためだったわけですね。

駅舎は着工までの間「空き家」状態でおかれることになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

タグ:  鉄道  JR  東京駅  赤レンガ駅舎  復原  工事  外圧
<<<新しい記事:夏ですねえ
古い記事:WinMeはもう使えぬか・・・>>>

最新記事

京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト

おすすめ記事

Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter