カテゴリ:鉄道:その他

鉄路を支える人々

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


鉄道の保守作業といわれるとイメージするのは線路の狂いを直すとか、車両を工場に運んで点検するといったことを想像しますが、それだけではありません。

京葉線の各駅では駅の発車標、監視カメラ、スピーカーなどの清掃作業が行われていました。ホームに設置されている機器はどれを取っても列車の安全運行には欠かせないものであり、地味ながらそれを支える人々がいるということに感心してしまいました。
スポンサード リンク
<<<新しい記事:千葉駅、113系づくし
古い記事:雨の芝離宮庭園>>>
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

現地取材・資料調査等の速報用Twitterアカウントを試験運用中です。試験運用のため運用方針が今後大幅に変更される場合もあります。(2022,09,20)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


@takuya870625 Twitter