千葉公園の保存蒸機

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。



大賀ハスを見に行った千葉公園、奥のほうに行くとこんなものがあります。

C型タンク蒸気機関車「NUS5」です。川崎車輛(現川崎重工)で製造され、昭和36年から44年まで川崎製鉄千葉工場で資材運搬用に使用されていました。そのため車体側面(水タンクの部分)に「川崎」のマークがついています。引退後はここ千葉公園に保存されているものです。

現物を見る限り、多くの人に触れてもらいたいと言うことでキャブ(運転台)にも登れるようになっていたようです。しかし「例のごとく」それが仇となって荒しが絶えなかったようで、ご覧の通り工事用のフェンスで覆われています。また、ヘッドライトのガラスは割れ、車体は無数の落書きの跡が見られます。

公園の奥の目立たない場所と言うこともあり、このように悲惨な姿になってしまったものと思われます。早急な修復と荒しの対策が行われることを願うばかりです。
スポンサード リンク
<<<新しい記事:これも大賀ハスの花
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

新年明けましておめでとうございます。本年も「未来へのレポート」をよろしくお願いします。(2023年1月1日)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


未来へのレポートNOW(取材速報Twitter)