カテゴリ:鉄道:その他

自動改札機Suica読み取り部の更新

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


最近、首都圏のJRの駅の自動改札機についているSuicaの読み取り部分が次々と新型に取り替えられています。

従来は読み取り部分の周囲が緑色のLEDのランプになっていましたが、新型では読み取り部分全体が青色のLEDで光るようになっています。また、この更新に伴ってソフトウェアが更新されたのか、メッセージを表示する液晶画面の表示方法も変更されています。

更新の理由は不明ですが、来年導入予定のPASMOとの相互利用開始と何らかの関係があるのかもしれません。(といってもPASMOもSuicaと同じSONY製のICカード"Felica"を基本にしているのですが…。)

補足:「PASMO(パスモ)」=私鉄で利用できる「パスネット」と路線バスで利用できる「バス共通カード」を統合して新たにICカードとしたもの。Suicaと同じく電子マネーなどのサービスも実施されます。

▼関連記事
パスネット+バスカード=PASMO

▼参考
京浜急行ホームページ報道発表資料 「PASMO電子マネー」2007年3月スタート!

左が新型(新習志野駅)、右が従来型(稲毛海岸駅)

ちなみに私鉄側でもPASMOに対応すべく急ピッチで自動改札機の更新が進んでいます。

スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

お知らせ

2021年以前の記事について、記事のレイアウトの一部やURLを最新記事と同様になるよう修正を進めています。古いURLでアクセスされた場合変更後のURLに自動転送されます。(2023,04,19)


過去のお知らせ一覧
公式X(旧Twitter)