横浜市のマンホール

カテゴリ:道路マンホールのフタ | 公開日:2006年03月19日19:53
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。

横浜に行ってきたので横浜市のマンホール。その広さや開発年代から、他にも挙げればきりがが無いくらい種類がありますが(特に「みなとみらい」地区など)、とりあえずありふれたものだけ紹介します。






●1段目
汚水・雨水用は大小2種類。雨水用のみ空気穴が開いています。最近は他の街と同様、風景をデザインしたようなものも登場しています。どちらも中央に横浜市の市章(「ハマ」の字を絵柄にしたもの)が入り、全体に蜂の巣状の模様。合流式(汚水・雨水が一緒の管に流れる方式)で無い場合は汚水・雨水を区別する言葉(「おすい」「あめ」・・・など)が入ります。また、どちらもヒンジ?と思しき金具(赤い丸で囲んだ部分)が埋め込まれています。左が大きいタイプ(中央に「うすい」の文字)、右が小さいタイプ。

●2段目
どちらもやはり横浜市の市章が入ります。
左は消火栓。マンホール本体はペンキで黄色く塗られています。また、周囲の路面のマンホールを囲むように黄色く線が引かれています。年月が経つとマンホールのペイントが落ちてしまうため、最近は樹脂で色をつけたタイプも増えています。
右は「仕切り弁」と書かれています。他に似たデザインでフレームが大きいタイプもありました。そちらはフレームに樹脂でできた噴水?の絵柄が埋め込まれており、水道関係のバルブでしょうか。「仕切り弁」自体は他の町でも散見しますが、横浜市のデザインはかなり手の込んだものだと思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:マンホール・消火栓など ジャンル:写真
タグ:  横浜市  マンホール

カテゴリ:マンホールのフタ の最新記事

京都府宇治市のマンホール(2022年02月07日作成)
静岡県三島市のマンホール(2021年06月30日作成)
神奈川県小田原市のマンホール(2021年06月19日作成)
滋賀県大津市のマンホール(2021年04月26日作成)
和歌山県和歌山市のマンホール(2020年11月19日作成)
大分県別府市のマンホール(2020年10月31日作成)
大阪府貝塚市のマンホール(2020年09月30日作成)
福岡県福岡市のマンホール(2020年06月24日作成)
福岡県北九州市のマンホール(2020年05月31日作成)
山口県周南市のマンホール(2020年04月22日作成)
その他の記事はこちら

最新記事

京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
都営新宿線大島車両検修場の新車搬入とおこぼれ話(2022/01/03)
2022年のご挨拶と目標(2022/01/01)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter