<補遺>鉄道旅行⑥ 東京駅

※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


旧国鉄本社ビル(現在は「丸の内OAZO」が建っている)から撮影した赤レンガ駅舎。1997年11月8日(旧国鉄本社ビル取り壊し前の公開日)撮影。


先日お伝えした東京駅の赤レンガ駅舎復原(JRではこちらの字を使用)・再開発事業について新たな情報が発表されました。

さる3月7日、JR東日本より東京駅エリアの開発事業に関するプレスリリースが出されました。
それによりますと、東京駅の丸ノ内側・八重洲側の開発エリア全体を「東京ステーションシティ(Tokyo Station City」と命名し、従来の駅のイメージにとらわれず、赤レンガ駅舎の伝統と八重洲側ツインタワーの先進性を併せ持ち、東京駅を世界一の駅=街となることを目指した開発が行われます。
また、八重洲側の再開発でできるビルについては

①北側タワーを「グラントウキョウ ノースタワー(GranTokyo NorthTower)」(2007年10月竣工)
②南側タワーを「グラントウキョウ サウスタワー(GranTokyo SouthTower)」(2007年10月竣工)
③中央部歩行者デッキを「グランルーフ(GranRoof)」(2011年春竣工)

とそれぞれ命名されました。

また、日本橋口(新幹線指令CTCセンタービル隣)で建設が進んでいるオフィス・ホテルの複合ビルを「サピアタワー(SapiaTower)」と命名し、テナントとなるオフィス(貸会議室)を「東京ステーションコンファレンス」、ホテルを「ホテルメトロポリタン丸の内」とそれぞれ命名しました。こちらは2007年3月竣工予定です。

また、丸ノ内赤レンガ駅舎の復原工事開始を記念して3月17日~31日の間「東京駅ルネッサンス」と題したイベントが開催されます。東京駅のこれまでの歴史に関する品々の展示や、未来の東京駅をCG映像で知ることができるというイベントです。

そのほか詳しいことは下記のJR東日本ホームページのプレスリリースを御覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
<<<新しい記事:千葉市のマンホール その1
古い記事:もうすぐ桜>>>

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

現地取材・資料調査等の速報用Twitterアカウントを試験運用中です。試験運用のため運用方針が今後大幅に変更される場合もあります。(2022,09,20)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter