3/18JR東ダイヤ改正―常磐103・東海道113遂に消滅!!

カテゴリ:鉄道:その他 | 公開日:2006年01月02日22:33
※この記事はYahoo!ブログから移行したものです。


やや古い話題で申し訳ありませんが、羽越線脱線事故で慌しい中、隠れてしまっているJR東日本の3月ダイヤ改正についての話題です。

東武日光への乗り入れ
かねてから言われていた東武日光線への直通運転ですが、南栗橋駅構内の連絡線も完成し(交友社 鉄道ファン2005年12月号参照)、この改正で乗り入れが開始されることとなりました。列車名はJR東日本の485系リニューアル車(先の「あいづデスティネーションキャンペーン」の一環で運転された「あいづ」の車両か!?)で運転される列車が「日光」「きぬがわ」、東武100系「スペーシア」で運転される列車が「スペーシアきぬがわ」となっています。双方の車両とも乗り入れに備え、ATSの改造など、必要な準備が進んでいるものと思われます。
※ところで、JR東日本はもう日光線は捨ててしまったのでしょうか?かつては国鉄準急と東武特急の熾烈な競争が話題になったようですが・・・。
G車Suicaシステムの拡大
湘南新宿ラインで先行導入されたグリーン車Suicaシステムが、いよいよ既存のグリーン車運転区間にも拡大されます。湘南新宿ライン同様に車内販売も開始されます。また、1月28日から「モバイルSuica」サービスが開始されますが、こちらでもグリーン車Suicaシステムが利用できるようになります。また、3月17日をもって以下のサービスが終了します。

●改札内(ホーム上)の券売機での磁気グリーン券の発売(3月18日からはSuica専用)
●普通列車のグリーン車が停車しない駅での普通列車用グリーン券の発売
●グリーン料金セット券の発売

常磐線103系・東海道線113系の消滅
そう、忘れてはいけません。いよいよこの時がきてしまったのです。
つくばエクスプレス開業などによる新車投入計画変更の渦中で、紆余曲折を経ながらも生き延びてきた常磐線の103系でありますが、この改正をもっE531系に置き換えられ、消滅することが決まりました。これは即ち、首都圏からの103系消滅を意味します。(ただし、保留車で若干残存中。)昭和38(1963)年山手線にデビューして以来、43年間の長きに渡り、日本の通勤輸送に君臨して来ましたが、首都圏では遂にその座を譲るという、歴史的な転換点にさしかかったわけです。
113系も同様にE231系への置き換えが完了します。これは前述のグリーン車Suicaシステムにも関連しています。「湘南電車」の伝統であるあのカラーも、もう見ることができなくなります。
JR西日本でも321系の投入が始まっており、東西あわせてもこれら形式が消滅するのは、そう遠い話ではありません。記録する場合はお早めに。

JR東日本3月18日ダイヤ改正に関するプレスリリース
http://www.jreast.co.jp/press/2005_2/20051209.pdf

Image:東海道線113系。1998年8月14日東京駅10番線にて

最後に、一人の鉄道ファンとして私からお願いいたします。駅・沿線等で撮影を行われる際は、決して独りよがりな行動はせず、ファン同士、あるいは鉄道会社に迷惑をかけないよう心がけてください。(無論、他の利用者に罵声を浴びせる、線路内立ち入りなどの犯罪行為は厳禁です!!!)今までそのような事態が数え切れないほど発生してきたのは、誠に残念でなりません。たとえ1人でも間違った行動をすれば、われわれ全体の信用が傷つくことになります。場合によっては今後一切撮影が許可されなくなる可能性さえあるのです。このような事態にならぬよう、慎重を期して行動されるよう心からお願いをいたします。 このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
タグ:  鉄道  JR  ダイヤ改正
<<<新しい記事:火山と温泉1
古い記事:やっと雨降った>>>

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter