東京都内のピンクリボンライトアップ(2010年10月1日取材)

お台場海浜公園のデッキとピンク色のレインボーブリッジ

2010年10月1日、東京都内各所で乳がんの早期受診を推進する「ピンクリボンフェスティバル」にあわせたライトアップのイベントが行われました。今回、平日でありながら奇跡的に時間が確保できたためこのライトアップを撮影してまいりました。


■ピンクリボン運動とは

日本では現在女性の16人に1人が乳がんになるとされています。厚生労働省などでは「20歳を過ぎたら月に1回のセルフチェック」「40歳を過ぎたら2年に1度の検診」を指針として定めていますが、まだまだ実施率は低く日本では乳がんで亡くなる女性の数は一貫して増加し続けており、2009年は約1万1千人が乳がんにより亡くなったという統計が出ています。乳がんは初期段階で発見できればその95%が完治するとされており、早期発見、早期受診の大切さを訴えるため起こされたのがこのピンクリボン運動なのです。このピンクリボン運動は日本よりも女性の乳がん死亡数が多いアメリカで1980年代から行われるようになり、日本でも2000年頃から毎年10月に「ピンクリボンフェスティバル」と題して、大手企業・地方公共団体などが参加してシンポジウム、街のライトアップなどのイベントが開催されるようになっています。その規模は年を追うごとに大きくなっており、乳がんへの関心を高めるきっかけの1つとして定着しています。

▼参考
ピンクリボンフェスティバル公式サイト
ピンクリボン特集2010 - Yahoo! JAPAN
asahicom:朝日新聞社-ピンクリボンフェスティバル


■ライトアップされた施設

今年のピンクリボンフェスティバルも全国各地でライトアップのイベントが開催されました。東京都内では東京タワー、東京都庁、表参道ヒルズ、レインボーブリッジ、日本看護協会ビル(渋谷区)、タワーホール船堀(江戸川区)などが、また兵庫県では神戸ポートタワー、明石海峡大橋などがそれぞれピンク色の照明によりライトアップされました。今回は東京都内のライトアップされた施設のうち、レインボーブリッジ、東京都庁、東京タワーの撮影ができました。

●レインボーブリッジ
ピンク色にライトアップされたレインボーブリッジ。お台場海浜公園から。
ピンク色にライトアップされたレインボーブリッジ。お台場海浜公園から。
※クリックで拡大

東京都港区の芝浦とお台場を結ぶレインボーブリッジでは10月1日の日没から翌2日の0時まで2本ある主塔と桁を吊るケーブルがピンク色にライトアップされました。2本ある主塔は照明の位置の関係のためか、それぞれ陸側のみがピンク色に照らされており、奥側にある主塔は照明が当たらない設定となっていました。今回はお台場海浜公園のデッキ上から撮影を行いましたが、平日ということもあり人は少なくじっくりと撮影を行うことができました。

▼参考
首都高速道路株式会社 | 首都高は今年もピンクリボンフェスティバルを応援します

▼関連記事:レインボーブリッジの通常のライトアップ
お台場の夜景(レインボーブリッジ・フジテレビなど)(2007年12月16日作成)

お台場海浜公園の自由の女神像とピンク色のレインボーブリッジ
お台場海浜公園の自由の女神像とピンク色のレインボーブリッジ
※クリックで拡大

●東京都庁
ピンク色にライトアップされた東京都庁。新宿住友ビル前から。
ピンク色にライトアップされた東京都庁。新宿住友ビル前から。※クリックで拡大

新宿副都心にある東京都庁では10月1日(金)~9日(土)の約1週間にわたり、毎日19時~23時の間都庁第一庁舎全体をピンク色にライトアップしています。初日となる10月1日(金)は第一庁舎前の都民広場で17時からタレントの山田邦子氏、スポーツキャスターの荻原次晴氏、シンガーソングライターの大野靖之氏らを招いたトークショーや点灯式が開催されました。

▼参考
「ピンクリボン in 東京 2010」を開催|東京都
10月の乳がん月間 ピンクリボン運動を実施|東京都

▼関連記事
新宿副都心の夜景(2006年10月2日作成)

●東京タワー
ピンク色にライトアップされた東京タワーと増上寺
ピンク色にライトアップされた東京タワーと増上寺
※クリックで拡大

港区の東京タワーでは10月1日の18時から、通常のライトアップである「ダイヤモンドヴェール」をピンク色で点灯しました。このダイヤモンドヴェールは通常金・土・日の3日、20時から22時までの2時間限定のライトアップとなっており、今回のピンク色のライトアップでも22時移行は通常のライトアップ(ランドマークライト)に変化しました。今回は増上寺の境内に到着したところで丁度ピンク色のライトアップの終了時刻である22時を迎えてしまい、ご覧のようにライトの切り替え中の状態を撮影することとなってしまいました。切り替えは一度ダイヤモンドヴェールの点状の照明とタワー全体を照らすピンク色の照明が同時に点灯した後、点状の照明が消灯してタワー全体を照らす照明を白に徐々に切り替えていくという手の込んだ仕掛けが用意されていました。

上の写真を撮影した直後、通常の白いライトアップに変化した。
上の写真を撮影した直後、通常の白いライトアップに変化した。

▼参考
東京タワー | TOKYO TOWER | オフィシャルホームページ

▼関連記事:東京タワーの通常のライトアップ
東京タワー夜景(デジタル一眼)(2008年3月20日作成)
東京タワーの夜景(御成門で再び)(2006年11月4日作成)

今週末、東京都内ではこのライトアップ以外にもピンクリボンフェスティバルにちなんだイベントが多数開催されました。東京でのイベントは終了しましたが、引き続き仙台や神戸などでは乳がんに関するシンポジウムやウォーキング大会などが行われる予定となっています。今回のイベントを機に、ご自身、そしてご家族の健康について今一度見直されてみてはいかがでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク

最新記事

150周年記念ツアーで見る品川駅の過去と未来 - 品川駅再開発2022(1)(2022/06/18)
東急目黒線奥沢駅改良工事(2022年3月14日取材)(2022/05/29)
京浜東北線浜松町駅ホーム拡幅工事(2022年3月2日取材)(2022/05/18)
春日部駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/05/13)
総武線ホームドア続々 - ホームドア最前線2022(1)(2022/02/18)
京都府宇治市のマンホール(2022/02/07)
東武伊勢崎線竹ノ塚駅高架化工事(2021年4・9月取材)(2022/02/05)
サイトSSL化について(2022/01/26)
京葉線幕張豊砂駅建設工事(2022年1月16日取材)(2022/01/24)
「未来へのレポート」のご紹介(2022/01/16)
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

当サイトは2022年1月31日よりSSL(暗号化通信対応)に対応しました。これに伴い全ページのアドレスが変更となっており、古いアドレスでアクセスされた場合は自動転送されます。なお、古いコンテンツの一部は改修を継続中のため非SSLで表示される場合があります。また、ガラケーサイトは提供を終了しました。長らくのご利用ありがとうございました。→SSL化に伴うご留意事項について(2022,01,31)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


Reports for the future ~未来へのレポート~
Copyright (C) 2008-2022 Umemoto Takuya (takuya870625) some rights reserved. CreativeCommons-Attribution-Noncommercial-ShareAlike-2.1 Japan (About)
Powerd by FC2 Blog. Since:2008,05,17  レイアウト切替: パソコンスマートフォン
@takuya870625 Twitter