マクハリイルミ 22/23



日没が早くなり、鉄道工事などの調査は効率が悪い季節となりました。そんなわけで久しぶりに街のイルミネーションを撮りに出かけてみることにしました。ひとまずお試しとして、筆者の地元千葉市の幕張新都心で現在開催されている「マクハリイルミ 22/23」の一部を巡ってみます。

幕張新都心のイルミネーションイベント

免許センター歩道橋から見た夜の幕張新都心センターストリート 2007年に開催された幕張光の祭典
左:免許センター歩道橋から見た夜の幕張新都心センターストリート
右:2007年に開催された幕張光の祭典
上:免許センター歩道橋から見た夜の幕張新都心センターストリート
下:2007年に開催された幕張光の祭典

 幕張新都心は、1990年代に京葉線開通とともに開発がスタートした埋立地の街です。現在はZOZOマリンスタジアムや幕張メッセなどのイベント施設、各種オフィスビル、アパホテルなどをはじめとするビジネス・リゾートホテル、幕張ベイタウンなどのマンション群が形成されています。
 商業施設やホテルでは、これまでも年末のクリスマスシーズンを中心に独自にクリスマスツリーを設置するといったイベントが行われてきました。2007年にはこれらをさらに発展させる形で幕張メッセへ続く緑道全体にイルミネーションを行う「幕張光の祭典」が開催されました。
 これは実験的なイベントであり、その後しばらく大規模なイルミネーションは開催されていませんでしたが、2019年からは場所を京葉線海浜幕張駅周辺に移したうえで北口・南口を中心に大規模なイルミネーションを開催するようになりました。この駅周辺のイルミネーションと各商業施設でこれまで独自に行ってきたクリスマスツリーの装飾などを合わせて「マクハリイルミ」と呼んでいます。11月の点灯初日には、市長や地元幕張ベイタウンのコーラスサークルが出演する点灯式が開催されるほか、Instagramを利用したフォトコンテストも実施されています。また、海浜幕張駅など一部の施設で配布されているイベントパンフレットには、レストランなどの対象施設で割引サービスが受けられるクーポン券も封入されています。

各施設のイルミネーション

今回は対象施設のうち、屋外でもイルミネーションを実施している4施設をピックアップしてみました。これ以外にもホテルロビーなどで多数イルミネーションやクリスマスツリーの設置が行われています。(注:施設によって開催期間が異なり、一部は今週末12月25日までとなっておりますのでご注意ください。詳しい開催期間は本記事末尾のイベント公式サイト内にあるパンフレットでご確認ください。

●海浜幕張駅周辺
海浜幕張駅南口広場に設置されたミラーボール型オブジェ
北口に設置された“MAKUHARI”光文字オブジェ
四角錐型のオブジェ
左:海浜幕張駅南口広場に設置されたミラーボール型オブジェ
右上:北口に設置された“MAKUHARI”光文字オブジェ
右下:四角錐型のオブジェ
上:海浜幕張駅南口広場に設置されたミラーボール型オブジェ
中:北口に設置された“MAKUHARI”光文字オブジェ
下:四角錐型のオブジェ

 海浜幕張駅前では南口・北口の広場にイルミネーションオブジェが設置されています。
 南口では回転するLEDが内蔵された巨大なドームが設置されており、ミラーボールのように周囲に光が降り注ぎます。また、その横には小さいですがクリスマスツリーも設置されています。
 北口には2019年のイベント開始以来恒例となっている“MAKUHARI”の光文字オブジェが設置されています。また、その隣には色が変化する四角錐型のオブジェが設置されています。いずれも現在社会的に注目されている「多様性」をテーマとした作品となっています。

●幕張テクノガーデン
幕張テクノガーデン前庭のイルミネーション
メインは前庭中央を通る通路周辺
フォトジェニックなベンチも
左:幕張テクノガーデン前庭のイルミネーション
右上:メインは前庭中央を通る通路周辺
右下:フォトジェニックなベンチも
上:幕張テクノガーデン前庭のイルミネーション
中:メインは前庭中央を通る通路周辺
下:フォトジェニックなベンチも

 海浜幕張駅北口から交差点を挟んだ反対側の幕張テクノガーデンでは、マクハリイルミの開幕前より毎年11月から翌年3月にかけて前庭全体でイルミネーションを行っています。今年も前庭に立つ木と、その中央にある通路でイルミネーションを実施しています。駅側の入口には雪だるまやトナカイをイメージしたオブジェが置かれたベンチもあり、撮影スポットとなっています。

●ワールドビジネスガーデン
ワールドビジネスガーデン入口のイルミネーション
ワールドビジネスガーデン入口のイルミネーション

 海浜幕張駅南口から交差点を挟んだ反対側のワールドビジネスガーデンでは、入口前の大木にイルミネーションが行われています。この他、ビル内のロビーにもクリスマスツリーが設置されています。

●幕張メッセ
幕張メッセイベントホール前大階段のイルミネーション
幕張メッセイベントホール前大階段のイルミネーション

 駅から少し離れた幕張メッセでは、地上から2階の幕張イベントホール入口へ向かう大階段でイルミネーションが行われています。イルミネーションは虹色になっており、上下に動くように色のパターンが変化します。

実は全部iPhoneで撮りました…

 今回のマクハリイルミの撮影は別件の帰り途中だったこともあり、三脚を持っていくことができず全ての写真を現在使用中のスマートフォン(iPhoneXR)で撮影しました。iPhoneXR自体4年も前に発売されたモデルで、一般的なスマホのライフサイクルから考えればかなり古い部類になります。東京ドイツ村などの本格的なイルミネーションイベント比べれば装飾の数も少なく暗い環境でしたが、撮影した写真の仕上がりは10年前にコンパクトデジカメで撮影したものを遥かに上回り、極端な言い方をすれば「肉眼よりも鮮明」とも言えるクオリティとなっています。
 現在使用中のiPhoneXRも3年目となり、時折モバイルSuicaの反応が極端に悪くなるなど故障の兆候が出始めていることから、来年には買い替えを検討しなければなりません。最新のスマホのカメラでは複数レンズを搭載することで光学ズームを実現するのが当たり前となりつつあります。今年最初の記事で「特別に必要な場合以外はスマートフォンのカメラに一本化するといった思い切った方針転換も必要」と書きましたが、その選択肢が現実味を帯びてきているのかもしれません。

▼参考
マクハリイルミ(公式サイト)

▼関連記事
幕張光の祭典(2007年8月10日作成)
千葉市内の2012年のイルミネーションイベント(2012年12月30日作成)
スポンサード リンク
テーマ:イルミネーション ジャンル:写真
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

お知らせ

新年明けましておめでとうございます。本年も「未来へのレポート」をよろしくお願いします。(2023年1月1日)

過去のお知らせ一覧
更新情報Twitter

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発
「東急新玉川線」書籍化プロジェクト
「京葉線新東京トンネル」書籍化プロジェクト
「総武・東京トンネル」書籍化プロジェクト


未来へのレポートNOW(取材速報Twitter)