三鷹跨線人道橋まもなく撤去へ

夕刻の三鷹跨線人道橋

JR中央線三鷹駅の西側に三鷹跨線こせん人道橋と呼ばれる歩道橋があります。中央線の撮影地としても親しまれてきたこの歩道橋が12月に撤去されることが決まりました。中央線の高架化工事が進められていた10年程前にここから撮影した写真を掲載したことがありましたが、歩道橋自体については解説していなかったため今回はそのレポートをお送りします。

太宰治も愛した跨線橋



 1889(明治22)年に甲武鉄道として開業した中央線は以後東西に延伸を重ねながら利用者を増やしていきました。1929(昭和4)年には増え続ける車両の置き場所を確保するため、当時の鉄道省が三鷹駅西側に三鷹車庫を開設しました。この車庫開設に伴い分断される南北の往来を確保するため建設されたのが三鷹跨線人道橋です。

階段中段から見た三鷹跨線人道橋。門型の支柱は三鷹までの複々線化に伴う配線変更時に改造されたもの。
跨線橋から見た三鷹車両センター。早朝・平日夕方は多数の出庫が見られる。
跨線橋南側にある太宰治に関する解説板
左:階段中段から見た三鷹跨線人道橋。門型の支柱は三鷹までの複々線化に伴う配線変更時に改造されたもの。
右上:跨線橋から見た三鷹車両センター。早朝・平日夕方は多数の出庫が見られる。
右下:跨線橋南側にある太宰治に関する解説板
上:階段中段から見た三鷹跨線人道橋。門型の支柱は三鷹までの複々線化に伴う配線変更時に改造されたもの。
中:跨線橋から見た三鷹車両センター。早朝・平日夕方は多数の出庫が見られる。
下:跨線橋南側にある太宰治に関する解説板

 跨線橋完成から10年後、「走れメロス」「人間失格」などの作品で知られることになる文豪太宰治が三鷹に住むようになります。眺めが良好な跨線橋は太宰治もたびたび訪れていたといわれており、「聖地」の1つとして跨線橋横には解説板も設置されています。
 1969(昭和34)年には中央線荻窪~三鷹間の複々線化に伴い、三鷹駅西側の線路レイアウトが大きく変更されました。跨線橋の直下には緩行線と快速線の合流用ポイントが設けられることから、竣工時の支柱をポイント部分全体を跨ぐよう作り替えるなどの改造も行われました。
 以後跨線橋は付近に新設された堀合ほりあわい地下道とともに近隣住民の移動ルートとして利用されてきました。また、三鷹車両センターの上部に位置していることから、鉄道ファンの間では撮影地として知られ、臨時列車や新型車両の試運転が実施される時期には「観察」スポットとして賑わうこともありました。



耐震強度不足により撤去へ


三鷹跨線人道橋両端の階段。古レールを加工して作られており耐震強度が不足している。

 三鷹跨線人道橋は鉄道省が建設したものであり、その後国鉄を経てJR東日本が管理を行ってきました。しかし、駅など鉄道利用者のための施設ではないことから、数年前よりJR東日本は跨線橋を三鷹市へ無償譲渡することを提案していました。
 しかし、100年近く前に建設された跨線橋は古レールなどを使って作られており、老朽化が激しいばかりでなく現在の基準で必要となる耐震強度を有していないことが判明しています。仮に無償譲渡を受けた場合、三鷹市は年間3,000万円以上の維持費が必要になるばかりでなく、耐震改修に数十億円の費用を要すると試算されました。また、仮に耐震改修が可能だったとしても、補強部材などにより現在の跨線橋の形状が大きく変わってしまい、文化的価値も大幅に低下してしまうと予想されました。

三鷹跨線人道橋撤去に関するお知らせ 跨線橋の代替となる堀合地下道。1969年の複々線化時に踏切の代替として作られた。
左:三鷹跨線人道橋撤去に関するお知らせ
右:跨線橋の代替となる堀合地下道。1969年の複々線化時に踏切の代替として作られた。
上:三鷹跨線人道橋撤去に関するお知らせ
下:跨線橋の代替となる堀合地下道。1969年の複々線化時に踏切の代替として作られた。

 近隣には既に代替ルートである堀合地下道があります。跨線橋の存続に向けては市民や市議会からの要望もありましたが、列車運行の安全上問題があることから2021年6月にJR東日本は跨線橋を撤去する方針であることを三鷹市に通知しました。上記の費用面等の問題もあり市側での維持は困難であるため市はこれを受け入れ、2023年12月より跨線橋の撤去が開始されることが決定しました。撤去工事は2年間かけて行われる予定です。
 三鷹市では跨線橋の記憶を後世に残すため記録映像の作成を進めているほか、解体した部材の一部を現地で保存することを計画しています。

まもなく廃止 三鷹跨線人道橋 - YouTube

 最後は三鷹跨線人道橋の様子を動画でご覧ください。12月15日(金)~17日(日)には三鷹市主催で「渡り納め」イベントも開催されます。イベントの参加申し込みは既に終了しています。撤去工事の着手日は具体的に発表されていませんが、このイベントの開催後が閉鎖日となるものと思われます。一般利用可能の最終日は12月10日(日)となることが発表されました。(12/9追記)残り半月ほどですが、しばらくの間は天候も良さそうですのでお近くにお越しの際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

▼参考
三鷹市 |三鷹こ線人道橋の今後の取り扱いについて
三鷹市 |「三鷹こ線人道橋(こ線橋)」渡り納め
三鷹こ線人道橋の撤去に着手します - JR東日本ニュースリリース(PDF/173KB)
太宰も愛した跨線橋よグッド・バイ 三鷹の「撮り鉄」スポット JR東、解体・撤去方針決定:東京新聞 TOKYO Web
太宰も愛した三鷹の名物 鉄道ファンに人気の跨線橋撤去へ JR東、12月にも着手:東京新聞 TOKYO Web
スポンサード リンク
テーマ:鉄道 ジャンル:趣味・実用
月別アーカイブ

全記事タイトル一覧

おすすめ&スペシャル


YouTube再生リスト:渋谷駅再開発

お知らせ

2021年以前の記事について、記事のレイアウトの一部やURLを最新記事と同様になるよう修正を進めています。古いURLでアクセスされた場合変更後のURLに自動転送されます。(2023,04,19)


過去のお知らせ一覧
公式X(旧Twitter)